ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

今日の昼は、いつものうどんです。
ほとんど毎日行っていますが、だいたいは、何か揚げたての天ぷらが当たって、美味しくいただいています。
それが、今日は揚げたてに当たらなかったので、無難なところで、レンコンの天ぷらにしました。

もちろん、それなりには美味しかったです。
でも、揚げたての時のような、満足感はありません。
ちょっと残念に思いましたが、ふと、こんなことを思いました。

毎日、ステーキばかり食べていたら、飽きてしまって、美味しいとは思えなくなります。
たまには、美味しくないものを食べることによって、美味しいと思うことができるということです。
つまり、いいということばかり起こらなくてもよいということです。

いいことばかりだと、それをいいこととは思えなくなります。
そうじゃないことが、人生では起こりますが、それはマイナスなことではなく、必要なことだということです。
この世界は、相対世界なので、そういうことになります。

マイナスなことばかり起きている人もいると思いますが、そんな人は、ちょっとしたことでも、幸せに思えるでしょう。
辛いことを体験している人ほど、幸せになりやすいとも言えます。
何がいいかは、人間にはわからないものです。

現実、人生はいいことばかりでなくていい、ということになります。
お金持ちが、幸せに思えないのも、こんなところからきているのでしょう。
上がったり下がったりの普通の人生こそ、幸せに最も近いのかもしれません。


# by human-space | 2017-05-23 23:08 | diary | Comments(0)
日常の、あまりにも些細なことですが、テニスの前に、ローソンで弁当を買おうとした時、食べたいと思っていたチャーハンがあったのですが、新製品の豚丼に目がいってしまい、そちらを買いました。
食べてみると、味もそれなりでした。
今日、また別のローソンで、弁当を買おうとした時、ほとんど売れていて、その豚丼だけが残っていました。

あの時、食べたいと思っていたチャーハンを買っていたら、今日は迷わず、豚丼を買ったでしょう。
結局、あの時豚丼を食べていたので、迷った末に、別のものを買って、また満足感イマイチでした。
あの時、自分の食べたと思っていたチャーハンを食べていたら、どっちも満足できたでしょう。

近頃、日常の些細なことに意識を向けているので、こんなつまらないことが気になります。
いつもあれだけ言っているのに、自分がやれていません。
ちょっとがっかりです。

今回は、些細なことでしたが、もっと大きなことを、同じように失敗するかもしれません。
それが、今日の些細な教訓が生きて、大きなことが上手くやれたら、この失敗と思ったことも、素晴らしことだったことになります。
そう思って、肯定的考えます。

弁当売り場の棚に、一つぽっつり残っている豚丼を見たときは、やられたなあと思いました。
神様が、教訓を与えてくれたのでしょうか。
もちろん、考えすぎと笑われると思いますが、自分の中では、これからは、今やりたいことをやると、心に誓いました。

今回がどうかはわかりませんが、些細なことから、思わぬところにつながっていくというのは、ありえることです。
大事なことは、ちょっとした意識の持ち方ができないのに、偉そうなことはできないということです。
今回、あまりに些細なことで、格好悪いですが、自分が忘れないために、言葉に表しておきます。


# by human-space | 2017-05-22 22:54 | diary | Comments(0)
近頃、録画したテレビでですが、映画を見るようにしています。
昨日も日本の映画を見ていました。
映画の事は、よくわかっていないので、はずれに当たることも多いです。

昨日見た映画も、当たりとはいきませんでした。
見ていて、主役の人が、仕事を解雇され、離婚もして、気持ちが動転してしまっている場面がありました。
確かに、自分がそんな目にあったなら、同じようになるでしょう。

それで、今の自分のことを思うと、定職もあり、健康で、安定している生活を送れている幸せを、ひしひしと感じました。
今こうして、普通の生活を送れているのは、何て幸せなことだと思いました。
映画を見ていて、気持ちが不安定になって、いい気持ちにはなれませんでしたが、自分を再認識することができました。

これも、よかったことになります。
思ったような感じにななっていませんが、何事も意味があって、ためにはなっています。
人生、思いどおりにはなっていませんが、それなりに、役に立っています。

こんなふうに、大したことのないように思えますが、普通に過ごせているが、どれだけ幸せなことかわかりません。
時には、立ち止まって、思い直すことも必要です。
今日は、そんな日でした。

# by human-space | 2017-05-21 19:45 | diary | Comments(0)
朝二度寝をしている時に、うつらうつらしながら考えたことです。
こんな時は、ただぼーっとしているだけでしょうが、ひょっとしたら、魂が肉体を離れて、物質世界を超えたところにいるのかもしれません。
それはともかく、すべてのものを信じる、ということを考えました。

魂、心、起きてくる想念や感情、自分の肉体に、外側の現実、すべてのものを信じるようにすることです。
実際は、心地良いものばかりでないので、否定してしまいますが、それは、すべてのことがわかっていないので、そう考えてしまうだけです。
神レベルになって、すべてのことがわかるようになれば、すべてのことが正しいと思えるのでしょう。

精神的レベルが上がるにつれて、だんだんと否定的な考えが減ってきて、肯定的に考えるようになってくるはずです。
現実、否定的と思われることが起きるのは避けられないので、それをいちいち修正していくしかありません。
生きている間、やり続けなければいけないことです。

面倒ですが、少しでも、精神的レベルが上がればと思います。
そうなると、否定的なことが減って、生きてやすくなるでしょう。
尽きることのない向上心が、元気の秘訣です。

# by human-space | 2017-05-20 19:08 | diary | Comments(0)
相変わらず、何の変哲もない毎日ですが、ちょっとした出来事はいくつもあります。
昼のうどんが美味しかったり、テニスの打ち方がひらめいたり、仕事のアイデアが浮かんだり、こんなことに意識を向けていたら、飽きずにすみます。
これでいいと思います。

スピリチャル的な意識は、常にしています。
マイナスな想念が起きてきたら、プラスなことに考え直し、そのそ感情を、引きずらないようにします。
できるだけ、頭の中をすっきりしておくようにしています。

特別なことに向けて、努力をすることは必要ですが、それを期待して、目の前のことに意識が向かなくなるのは問題です。
もちろん、毎日、いいと感じることばかりではありませんが、こんなちょっとした楽しみはあります。
そんな感じで、平穏に過ごせれば、満点でしょう。

これが人生の基本スタイルです。
派手ではありませんが、長続きの秘訣でもあります。
その中で、たまに特別なことがあれば、いいのではないかと思います。

上がったり、下がったり、それも人生ですが、あまり激しいのはしんどいです。
こんな感じで平穏に過ごせれば、幸せなことです。
ひょとしたら、こういうのが天国というのかもしれません。






# by human-space | 2017-05-20 01:10 | diary | Comments(0)
今日は、新しい仕事に取り組みました。
今までにないパターンでしたが、本質が見えてきて、的確に問題を見つけることができました。
我ながら、今日は冴えているようです。

普段から、あまり、いろいろ考えすぎない方がよさそうです。
頭の中を空っぽにしておくと、新しいことが入りやすくなって、頭が働く気がします。
連休の間、時間があっても、いろいろやろうとせず、ぼーっとして、頭の中に、何も入れなかったのが、よかったのかもしれません。

もちろん、何もしないでいいということではありませんが、何もかもやろうとしないようがいいようです。
頭の中を、シンプルに、しかも肯定的にしておくことです。
心配しすぎず、ただ、目の前のことをやっていればいいです。

一日、一日です。
ただ、一日を一生懸命生きていればいいです。
人生は、その繰り返しでしょうか。

# by human-space | 2017-05-18 22:23 | diary | Comments(0)
代わり映えのない毎日が続いています。
前は何としなくてはと思ったいましたが、今は、変わりない日常がありがたいと思うようになりました。
大変なこともなく、過ごせているというのは、ありがたいことに間違いありません。

そんな代わり映えのない日常にでも、小さな発見はあります。
そんな発見があれば、幸せになれます。
今日もまた、テニスの打ち方のひらめきがあり、気持ちが盛り上がりました。

こんな日の、事務所に吊っている日めくりカレンダーも、「今日はどんな発見があるんだろう」という題でした。
ちょっとした、シンクロでしょうか。
また、仕事のちょっとした懸案事項も、解決方法の発見がありました。

こんな小さなことに目を向けていれば、変化があって、新鮮な気分になれます。
神は細部に宿るです。
これが、人生を長く生きるコツでしょうか。

大きなことばかりに意識を向けていると、達成できない不満足感が、常にあります。
あまりいい気持ちにはなれません。
大きなことを意識をしておくのはいいですが、あまり、意識を向けすぎないほうがいいようです。

ただ、やるべきことは、ちゃんとやって、結果には期待しないでおくことです。
意識を向けるのは、日常の小さなことです。
このスタンスで、毎日過ごしていきます。

# by human-space | 2017-05-17 21:02 | diary | Comments(0)
今日、着替えをしていたら、柱に肘をぶつけてしまいました。
痛くて、痺れもあって、シャツを着るのがやっとでした。
何でこんなに痛いんだろうと、怒りの気持ちも起きてきましたが、ふと考えました。

この痛みがなかったら、体をぶつけまわって、体が壊れてしまいます。
痛みは、体を守るためにあるんだ、と思いました。
体に必要なことは、心地よいことばかりではありません。

この物質世界では、生きていく上で、気持のいいことばかりではない、ということです。
人間には、すべてのことがわからないので、起きてきたことがベストのことだとは、なかなかわかりません。
この痛みということからだけ見ても、自分にとって必要なことが起きてきているとは、気がつかないことが多いです。

昨日言っていたことは、こんなことからも、見えてきます。
痛みが起きてきて、辛いと感じる時も、ベストのことが起きていることになります。
こういう、ちょっとしたことからも、認識を深めていければと思います。

ちょっとしたことの積み重ねが、意識を高めることにつながります。
それについて、うまい方法はありません。
地道あるのみです。



# by human-space | 2017-05-16 22:33 | diary | Comments(0)
ここが神の国という前提なら、そうなります。
でも、人間には、とてもそう思えません。
神様は、すべてのことがわかっているので、理解できるのでしょう。

そうなら、間違っているのは、頭の中の考えの方です。
なれば、考え方を変えるようにすればいいことになります。
すべては無理でも、できるだけは、修正するようにしています。

昨日も、この現実が、とてもベストなこととは思えないようなことがありました。
それで、否定的な気持ちになりそうになりました。
このことを思い出して、考えなをしました。

さすがに、肯定的な気持ちまでにはなりませんでしたが、否定的な気持ちは薄れてきました。
昨日ぐらいなら、何とか修正できます。
でも、この理屈はわかっていても、ベストなことが起きていると思うことは、人間には無理ということも起きています。

それでもいいです。
やれるとこからやって、できるだけ、否定的な感情を減らすようにすればいいです。
否定的な気持ちになっている時は、波動が乱れていると、実感できます。

できるだけ、脳の波動が乱れないよう、見張っておきます。
やはり、自然に任せるだけでは無理で、コントロールしないといけません。
生きているうちに神になることはないので、死ぬまでやらなければいけないということになります。

面倒ですが、やるしかありません。
ですから、先は長いので、あまり頑張りすぎないようにはします。
ぼちぼち、やれるところからです。



# by human-space | 2017-05-15 20:44 | diary | Comments(0)
今日は、市のテニス大会でした。
試合の時はいつも思うのですが、試合になんて出ないで、家でゆっくりテレビを見ている方がよかったかなあ、などと考えてしまいます。
もともと、神経の太い方ではないので、いつもこんな感じです。

でも、試合が始まってみると、勝てない時の方が多いですが、それなりにはやれています。
やってみると、勝ち負けにかかわらず、やってみてよかったと思います。
勝てばもちろんですが、負けても、その課題が見えてきて、今後の練習の仕方がわかります。

今日は、フォアの調子が悪く、負けてしまいましたが、その練習方法を思いつきました。
もっと強くひっぱたくように打つ練習をしたと思いました。
春の大会がこれで終了したので、次の秋の大会に向けて、じっくり取り組めます。

今回ほど、練習のモチベーションが上がったことはありません。
練習をやる気が湧いてきました。
何といっても、モチベーションが湧いてくるというのが、嬉しいです。

これからひと夏、充実したテニスがやれます。
ひょっとしたら、自分にとって、これが一番素晴らしいことかもしれません。
動いてみれば、何かあるものです。

# by human-space | 2017-05-14 16:36 | diary | Comments(0)