ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

このところテニスネタばかりですが、基本的に、テニスのことで頭がいっぱいなので、そればかり浮かんでしまいます。
今日は、フォアの打ち方が、練習中に閃きました。
左手を、今こうやって引いたら、という感じだったと思います。

たったそれだけですが、これで、今までバラバラ練習してきたことが、一体化され、思っているフォアになったと思います。
まだまだ確認が必要ですが、今度こそ間違いないでしょう。
体の中のちょっとした感覚だけですが、すごく嬉しいです。

今ままで、長い間練習してきてやっと、できた、という感じです。
何でこんなに時間がかかったのだろうと思いますが、運動神経の悪さゆえでしょうか。
それでもいいです。

やっと報われた感じです。
思わぬところに、小さなことで、大きな喜びがあります。
大きな喜びは、試合で優勝するとか、何か特別なことがなければ得られないと思いがちですが、身近な、ほんのちょっとしたことでも得られました。

ですから、今の状況を気にする必要はないと思います。
今の状況がどうであれ、どこかに、喜びはあります。
ただ、毎日、ちゃんと意識的に生きていれば、気がつくと思います。

今回は、地道に長い間練習してきたので、大きな喜びに繋がったのだと思います。
苦しい時が大きいほど、大きな喜びが待っていることになります。
今が苦しいと思うのなら、大きな喜びが待っています。

それは、特別なことでなくても、ちょっとしたことで得られます。
それが何かは、個人個人によるでしょうが、いずれどこかで得られるでしょう。
ですから、苦しい時も、無駄になることはありません。


それにしても、今日のフォアは、この前のスキーのターン技術を得られた時のように、自分の中の宝になります。
これでまた、生きる楽しみが増えました。
本当に、ありがたいことです。





# by human-space | 2017-04-25 22:35 | diary | Comments(0)
昨日のテニスの試合で、今まで全く勝てなかった相手に善戦でき、自分なりに満足していました。
今日になって、すべての結果を見たら、前に一緒にこの大会に参加し始めた、同じようなレベルの人が、準優勝していました。
さすがに、ちょっとショックでした。

この前まで、同じレベルと思っていたのに、えらい違いです。
ちょっと善戦したくらいで、浮かれている場合ではありませんでした。
もっと練習しなくては。

そんなことを思いましたが、少し気分が落ち着いてきたら、上ばかり見ないようにしなくては、という考えが浮かんできました。
上ばかり見て、自分の立ち位置が見えなくなって、気持ちがバタバタしてしまいます。
上も無限にありますが、下も無限にあります。

そういえば、先週、コーチから練習中に急に倒れて、意識がなくなって心臓が止まってしまい、AEDを使って生命は取り留めたようですが、そのまま入院しているというのを聞きました。
聞くと、同じような年齢なので、他人事ではありません。
特に持病もなく、CTを撮っても脳には異常はなかったようです。

どうしてだろうかと思いますが、ともかく、こうして何もなくテニスができているだけで、ありがたことだと思います。
だいたい週に、2、3回、先週は4回もテニスができるというのは、そうそうできるものではりません。
上を見てもキリがありませんが、下を見れば、自分の立ち位置が見えてきます。

これだけテニスができるだけで、幸せだということは間違いありません。
もちろん、神様ではないので、試合に勝てなくて、心に引っかかることはありますが、考えてみれば、そのとおりです。
今の状況をありがたいと思って、気持ちよくテニスを続けていきます。

# by human-space | 2017-04-24 20:26 | diary | Comments(0)
今や、この文言、負け試合の言い訳になっていますが、テニスに向かう車の中で、本当にそう思いました。
今日は、勝てる試合を落としたので、ちょっとショックです。
やはり試合となると、ビビってしまいます。

まあ、プロでも、肝心な時にミスをしてしまうことを思うと、私たちがやるようなことは、当たり前かもしれません。
そんなことを言っているうちは、いつまでたっても勝てないということかもしれませんが、事実でもあります。
テニスの内容は、言ってもキリがないのですが、テニスができるだけで幸せ、というのは間違いありません。

この初夏を思わせるような、気持ちのいい日に、一日家でじっとしているのは、精神的によくないような気もします。
それを思うと、とりあえず、外に出るだけで、気分も変わるものです。
また午後からは、家で、撮り溜めていた映画を見て、のんびり過ごしました。

こんな休日が過ごせただけで、十分です。
幸せの段階でいうと、3段階はいっているでしょうか。
1段階は、存在して、生きているだけで幸せ、2段階は、ご飯が食べれて、歩けれて、寝るところあがあるだけで幸せ、その次の、平穏に過ごせている段階でしょうか。

4段階になると、思いが成就している状態です。
ここまではまだで、心の片隅にちょっと引っかかるところはありますが、今の3段階で、十分幸せと思います。
というか、これで幸せと思わなければ、もっと大変な思いをしている人に、怒られそうです。

ともかく、今がどの段階であるかは、重要ではありません。
ようは、幸せを感じとる力があるかどうかです。
物理的状況は、2段階の人も、幸せに思うことができるはずです。

それができていなければ、その力がないことになります。
1段階でも、幸せに思えるのは、神様クラスにならないとできないかもしれませんが、物理的状況が、2段階に来れば、あとは気持ちの持ちようです。
あとは、自分の心掛け次第です。

やる気になれば、ほとんどの人が幸せになれると思います。
自分の人生ですから、どう生きようと自由ですが、幸せに生きたと思うのは、誰しもです。
それは、今からそう思ったらいいだけです。



# by human-space | 2017-04-23 18:49 | diary | Comments(0)
今日は休みで、昼からテニスだったので、それなりには起きるつもりでしたが、早めに目が覚めたので、起きることにしました。
テニスに行くまでも、だいぶん余裕があったので、気持ちも慌てずに、ゆっくりできました。
時間があるので、この前倒れた、庭のバラの木の処理をしたり、母親のプリンターの設定の調整をしました。

早く起きると、三文の得と言いますが、今日はそんな感じでした。
せっかくの休みですが、近頃花粉のせいか、目が覚めてしまいます。
それならと、起きたのがよかったです。

花粉のせいで、よく眠れないと考えるより、早く起きれたので、何かをしようと、肯定的に考えられたのがよかったです。
この頃は、外側に現れてくることを信じるようにしているので、今日は、それができました。
外側に現れてくるものが、信じられないのは、自分の考えの方が間違っているのではないかと、思うようにしています。

遅い車が前を走っていて、イライラしそうになっても、何か理由があって、ゆっくり行く方がいいのだ、前の遅い車はそうしてくれているんだ、などと考えるようにしています。
そんなふうに、イライラせずに肯定的でいれる時は、その遅い車がすぐ避けてくれたりします。
まるで、自分の心が外側に反映しているような気がします。

ともかく、外側を信じるようにします。
そう思えない時は、自分の考えの方を直すようにしています。
まだまだ違和感はありますが、そのうち、なくなってくるかもしれません。


# by human-space | 2017-04-22 19:26 | diary | Comments(0)
昨日と同じようなことですが、特別なことは、めったにあるものではありません。
そんなことばかり考えていても、楽しい気分にはなれません。
それなら、毎日同じような日でも、細部に意識を向けていれば、バリエーションは無限にあります。

気分的にも、毎日新鮮な気分になれます。
この方が、現実的に、楽しく過ごせます。
もちろん、大きな目標を持つのは、いいことです。

それに向かってやるべきことはやりますが、特に意識を向けるのは、ディテールです。
こういうスタンスで生きていけば、いいのではないかと思います。
今日も、うどんが美味しかったり、仕事が進んだり、S社のキャンペーンで、アイスクリームを食べたり、心が動いたことは、いくつもあります。

でも、意識を向けていなかったら、見過ごされてしまって、何の心の動きもありません。
意識を向けているだけで、気持ちも上向きになります。
こういうことなら、毎日、頑張らずに、一生続けられます。

お楽しみが、毎日待っています。
明日は何があるのだろうかと思います。
そう思って、細部に意識を向けておきます。


# by human-space | 2017-04-21 21:03 | diary | Comments(0)
自分の席の後ろのロッカーに貼っている、日めくりカレンダーの言葉です。
毎日めくっていますが、けっこういいことが書いてあります。
この前は、これでした。

毎日、特別なことはなくても、ちょっとした発見はあります。
それを楽しみにしていても、いいと思います。
そしたら、毎日が、新鮮になります。

今日は、新しい仕事が、創造的なところがあって、ちょっと楽しみになりました。
テニスの前の、焼うどんが美味しかったり、そのテニスも、出来はそれほどでもありませんでしたが、楽しくやれました。
細かいところでは、速度違反の取締に捕まらずに済んだり、遅いトラックがすぐ避けてくれたりました。

一日、意識すれば、何かいいことはあるものです。
そんな特別なことは、しょっちゅうあるものではりません。
それより、ちょっとしたことが、毎日あるほうが、いいと思います。

何か探せば、あるはずです。
本当に、些細なことでもいいです。
それこそが、人生の本当の楽しみかもしれません。

# by human-space | 2017-04-20 22:34 | diary | Comments(0)
近頃、花粉で脳が刺激されているのか、特に夜、よく目が覚めます。
明け方ごろ、目が覚めて、夢を見るようになりました。
その中で、今朝の夢はよく覚えています。

いろいろ見たのですが、最後の方で、部屋の中に入りました。
そしたら、この状況を、瞬時に理解できました。
そして、紙を4枚差し出された時、その女性がテレパシーで話しかけてきました。

それで、その紙の意味がわかりました。
読んでみると、夢なので、変なことが書いてありました。
それでその回答をしなければいけなかったので、私が初めて、声を出して言いました。

そこで、目が覚めました。
もちろん夢なので、全体的に、妙なことだったのですが、その部屋に入った時、その状況が瞬時にわかったことも、テレパシーのようなものでした。
それから、女性は、明らかにテレパシーで話しかけてきました。

黙って紙を差し出していましたが、頭の中に、言っていることが、浮かんできました。
これらは、ほんの短い夢でしたが、珍しく今でも覚えています。
もちろん、テレパシーなど使ったことはありませんが、こういう感じか、わかりました。

けっこう便利だなと思いました。
人間が進化すると、いずれこういう風になるのかと、よくわかりました。
花粉の刺激で、頭がざわついていて、いつもに増して眠りも浅く、調子が悪いなあと思っていましたが、今日はよかったです。

テレパシーの貴重な体験をしたような気になりました。
今回のように、明らかにテレパシーが使えるようなことはないと思いますが、状況を察知したり、相手が言おうとしていることが、何となく分かるというような、テレパシーもどきのことはあるかもしれません。
これから、ちょっと意識してみます。

# by human-space | 2017-04-19 20:44 | diary | Comments(0)
火曜日は、いつものテニススク−ルです。
いつも課題を持って、やっていますが、満足して終わることがありません。
モヤモヤしながら、1時間半が過ぎてしまいます。

今日も、課題をクリアしなうちに、コーチから次の課題をもらいました。
このスクールも、3年が過ぎて、少しずつは良くなっているはずですが、やれたという気になったのは、1回もありません。
我ながら、運動神経の悪さに嫌気がさしますが、もっと、さっとうまくならないかと思います。

特にフォアのフォームがいつまでたっても決まりません。
フォアは体の動きの自由度が高い分、何でもできなすが、逆に、一定のフォームがなかなか決まりません。
いい加減嫌になりそうですが、何とか、出口に明かりが見えてきているので、もう少し頑張ります。

でも実際、いつのことやら分かりません。
この調子なら、いつまで経っても、満足は得られません。
そうなると、もう、ともかく今満足するしかありません。

今日も、思ったようにはまだできていませんが、少しは進歩しました。
少なくとも、後ろへは行きませんでした。
なら、これで満足するようにします。

テニスでこれですから、スピリチャルに至っては、どうなるかまるで見当もつきません。
それなら、「今が一番幸せ」と思って、今満足します。
それをやらなければ、スピリチャルは、間違いなく、一生満足できないでしょう。

ですから、すべて今満足します。
無理やりでもです。
それが、上手に生きるコツのような気がします。




# by human-space | 2017-04-18 22:39 | diary | Comments(0)
確かこんな諺があったと思うのですが。
今日は、頼んであった仕事で、返事待ちがあって、こちらがジタバタしてもしょうがないと思っていたら、こんな諺が浮かんできました。
まさに、この心境でした。

結局、思ったような答えは得られませんでしたが、最終的にはうまくやれました。
頑張って、というのは誰でも言えますが、この諺、なかなか言えたものではないと思います。
この前のバシャールの言葉で、「ゆだねる」というのがありましたが、これも近い意味がるのではないでしょうか。

同じような精神的に高いレベルの人が言ったのでしょうか。
ネットで調べてみると、果報とは、仏教用語らしく、お釈迦様の関係なら納得です。
意味合いも、怠けていればよいというのではなく、人事を尽くした後は、気長に良い知らせを待つしかないということみたいです。

まあ、こんなことでしょう。
運命というのも、これに近いものがあるのではないでしょうか。
人間の思惑を超えているので、運命は、起こるべくして起こりますから、こんな感じかもしれません。

ともかく、やるべきことはやらなければいけませんが、ジタバタしなくていいということです。
結果は宇宙に任せていればいいです。
ただ、日常のやるべきことをやっていくだけです。





# by human-space | 2017-04-17 20:27 | Comments(0)
今日は、WOWOWで録り溜めていた映画を、まとめて見ました。
映画はそれほ詳しくはないので、WOWOWの人気映画を、とりあえずは録るようにしています。
当たり前ですが、その中で見てみると、好みに合う、合わないがあります。

SFものは好きなので、見方が甘いのか、だいたい面白いです。
それ以外は、けっこうハズレが多いです。
よくできたものでも、残虐なシーンが多かったり、なかなか思い通りの映画に巡り合えません。

そのせいもあるのでしょうが、映画より、自分の人生のほうがいいように思えています。
もちろん、特別なことはほとんどなく、いいも悪いも平凡な人生ですが、日常のちょっとしたことでも満足できるようになったことが大きいと思います。
それで、こんな人生でもいいような気がしています。

日常の些細なことに意識を向けていると、それだけで、幸せな感じもしないではありません。
心に思うことはありますが、それが実現できなくても、どうしても困るということはありません。
でも、できるだけのことはやります。

それでも実現できないなら、今世ではやるべきことではなかったということにします。
日常の些細なことに意識を向けて過ごし、あとは、前にも言った「ゆだねる」です。
なる時は、なるようになるでしょう。

そんなふうに、毎日を過ごしていきます。
日常の、ちょっとしたことでの、ちょっとした満足があれば、平穏に過ごせそうです。
映画より、こちらのほうがいいような気がしている、このごろです。




# by human-space | 2017-04-16 19:59 | diary | Comments(0)