ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

一体何を教えてくれているのだろうか

きのうは散々なことがありました。
人から見るとなんでもないことだと思えますが、自分にとってはけっこうつらいことでした。
こういうとき、どうしてこういう体験をしなければいけなかったか考えこんでしまいます。

もうマイナスはことは体験はしないと思っています。
たとえそれがつらいことであっても、長い目でみれば、スピリチャル的な見地からみればプラスなことのはずです。
何か理由があるはずです。

よくよく考えてみましたが、よくわかりません。
はっきりしているのは、いま言ったようにこれは肯定的なことであるということです。
自分にとってプラスになるということです。

もともとちょっとしたトラウマからきています。
トラウマがあるときどういう体験をするかというのがわかりました。
他からみて何でもないようなことが、本人にとってはたいへんなことというのがあるということです。

ほんとに逃げ出したくなります。
こういう心理はなかなか体験できません。
逃げ出す理由はないときは、それに向かっていきなさいということだと思ってやっています。

それでも現実は思ったようにはいきません。
だいぶん精神的には調整してやったつもりでしたが、うまくいきませんでした。
世の中甘くないですね。

自分としてはたいへんなめに合っていると思っていますが、まわりにはそれよりたいへんな人がいました。
自分よりもっと不幸な人はいます。
そう思うと自分のことは何でもありません。

幸せは相対的なもので、考え方でどちらにもなります。
そのときはいろいろ考えて、こういったこともあるのかなあと思いますが、決定的なことはわかりません。
ともかく自分としては貴重な体験をしたと思うようにします。

毎日必要なことを体験していくのでしょう。
目の前に現れることを体験していくことで、人間は成長していきます。
起きてくることから逃げ出さないで、ちゃんと受け止めていかねばいけません。
by human-space | 2009-10-29 22:25 | diary | Comments(0)