ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

恥ずかしい

火曜日のNHKで、いつもの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組を見ました。
今回はアメリカで外科医をしている方が出てました。
移植手術が専門のようで、世界的も有名な方のようです。

この方は患者が手術のあと少しでも楽になるように、時間をかけて丁寧に手術をしていました。
テレビでやっていた大掛かりな手術は、なんと31時間もかかっていました。
助手は入れ替わりかすが、本人は一睡もせずです。

手術をしていると、思わぬ事態に直面することがあります。
そんなとき判断に迷うときは、患者の身になって、あとがつらくならないような方法をとっていました。
切除すれば簡単ですが、あとのことを考えて、時間もかかるたいへんなほうを選択していました。

他の病院では見捨てられた人を助け、「先生に第2の人生を授けてもらった」などと言われていました。
ほんとに立派な限りです。
昨日まで体重がどうのこうの言っていたのが恥ずかしくなりました。

自分のことばかり考えています。
こうやって人のために生きるというのは美しいです。
もちろん同じようなことはとてもできませんが、自分にできることはやっていきたいと思いました。

またこの先生はアメリカに来れない患者のために、自費でベネズエラまで行って手術をしていました。
ほんとに頭の下がる思いです。
人のために自分の人生を捧げています。

昨日も飲み会でいい調子になっていましたが、もっとできることはないかと思います。
個人的はあまり無理をせず、できることをやっていきます。
結局それが本当に宇宙のためになっているのではないかと思います。
by human-space | 2010-01-21 23:33 | diary | Comments(0)