ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

謙虚にしていたら、いい話が聞けた

仕事が忙しいなかも調整をして、テニススクールに行きました。
きょうは都合で来れない人もいて、さびしく2人だけでやりました。
おまけにもう一人は初中級の中年のおばさんです。

一瞬がっかりしました。
いまでは少しはましになってきましたが、ちょっと前まではへたくそで周りに人に迷惑をかけていたと思います。
その時の感じを思い出したので、その方が気まずい思いをしないように接してあげようと思いました。

コーチもその人に合わせてやっていました。
こちらも基本に戻ったつもりで、真剣にやりました。
いざやってみると、できているつもりができていませんでした。

人が少なかったので、じっくりと修正できました。
コーチも2人だけなので無理をせず、いろいろと話をしてくれました。
その話が自分なかで腑に落ちました。

簡単に言えば、もっと力を抜いて打ちなさいということなのですが、ひょっとしたらこれからのテニス人生を変えるようになるかもしれません。
いままでは力みすぎていました。

力を抜いて体重移動だけでうまく打てるようになれば、体も楽になり、それによって気も楽になります。
一日何試合もするときには特に有効です。
そんなことを思っていると、CD級優勝のイメージも湧いてきました。

今年の目標に上げていましたが、どうなるかはわかりませんでした。
今日初めてイメージが湧いてきました。
ひょっとしたら本当にできるかもしれません。

これからまだまだテニスをやるつもりですが、本当にやれそうな気がしてきました。
本当にテニス人生の転換期になるかもしれません。
これも今日は謙虚にしようとしたのがよかったのでしょう。

最初からいやな思いでテニスをしていたら、こんなことに気がつかなたったと思います。
これはちゃんとできたことの神様からのご褒美でしょうか。
明後日早速またテニスがあるので、どれだけやれるのかそのときわかります。
by human-space | 2010-04-15 23:49 | diary | Comments(0)