ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

アストラル世界へ移行するようです

アセンションとは、いまの物理世界からアストラル世界へ移行することのようです。
きのうから読んでいる「私はアセンションした惑星からやってきた」徳間書店、にそう書いていました。
個人的にはこのことが信じられます。

やはり非物質世界に移行するようです。
といっても段階があって、このアスラル世界は物質世界の性質がまだ色濃く残っているようです。
それでも周波数帯が物資世界よりかなり高く、いまの科学では見ることができません。

まだこの本を半分くらいしか読んでいませんが、そのアストラル世界では、食物を食べなくてもいいようです。
非物質化していて、エネルギー化しているようです。
体はあっても、形だけです。

まだ形が残っているあたりが、本当の精神世界と物質世界の中間に位置する世界の特徴でしょう。
一気に非物質化して戸惑わないようになっているんでしょうか。
よく言われている死後の天国や地獄がここのようです。

また思考がすぐに現実化するようです。
この物質世界でも思考が現実するのですが、時間がかなりかかるということです。
それがアストラル世界では、思えばすぐ実現するようです。

このようなアストラル世界へアセンションするためには、そういう方向に進んでいくことになります。
そういえばこの前、思考は実現するということを何となく感じたことがありました。
ひょっとしたらこれはアセンションの兆候?

それと最近は思ったような感じになれてきて、自分が女性だったらこんな人と付き合いたいと思うことがありました。
自意識過剰とも思えますが、ひょっとしたら性の統一という、非物質化するための準備段階に入っているということでしょうか。

まあいいように考えればどうとでも言えることですが、この本を読んでこんなことを感じました。
とりあえず感じたことを書き留めておきます。
それはともかく、いまは仕事とサッカーとテニスです。

仕事がひとつ目の山にさしかかっているので、行き違えないように進めていきます。
またサッカーは毎日グループリーグの試合があり、テニスはウィンブルドンが始まります。
錦織圭選手が1回戦で、世界No2のナダルと当たります。

ほんとに楽しみです。
どこまでやってくれるでしょうか。
内容だけでなく、ほんとに勝つつもりで見ます。

どうもアストラル世界は、体はあっても中がないようなので、スポーツの快感は味わえそうもありません。
いつアセンションするかはわかりませんが、いまのうちに楽しんでおこうと思います。
テニスがんばります。
by human-space | 2010-06-20 23:05 | diary | Comments(0)