ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

否定的なことか肯定的なことかは自分が決める

きょうは仕事がいいタイミングで回っていました。
朝たのみ事をすると、ちょうどきょう出かける便があって、すぐやってもらえました。
それも3時までにあればいいと思っていたら、3時前に持ってきてくれました。

今まで何もしていなくて、思い立ったときに始めたら、ちょうどいいタイミングで、ものごとが進んでいきます。
宇宙の流れに乗って、スイスイ流れていきます。
意識レベルが上がったきたのかなあと思いました。

それが、夕方頃に仕事のミスが見つかりました。
それほど致命的というわけではありませんが、ちょっとめいりそうです。
きょうは上がったり下がったりです。

そんなときに、現実がどうなっているかを決めるのは自分だということを思い出しました。
このことは一見否定的に見えるけれども、それが否定的なことかどうかは自分が決めるということです。
それで意識して、このことは否定的なことではない、心配することではないと思い直しました。

そうすると気持ちも少し楽になってきました。
それから帰るときにふと、それほど否定的に考えることもでもない情報が思い浮かんできました。
その情報から考えると、否定がだいぶん和らいで、本当に気楽にいれるようになってきました。

否定的に考えないようにしたことが、否定的でない現実を引き寄せた感じです。
この現実は自分が決めるというのを実感しました。
腑に落ちました。

スピリチャルにはこういう体験が必要ではないかと思います。
本を読んだでけでは得られません。
情報過多になりすぎず、自分の感覚を意識していくことが大事です。

頭のなかはできるだけ、スースーしておくことがいいようです。
毎日目の前のことです。
それこそがスピリチャルへの道です。
by human-space | 2010-11-29 21:38 | diary | Comments(0)