ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

まだまだ自分のことばかり考えている

きのうのNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出ていた、末期がん患者のホルピスの看護主任の方の献身ぶりを見てると、まだまだだと思ってしまいます。
自分が恥ずかしくなるくらいです。
何でこんなしょうもないことばかり考えているのだろうと思います。

その看護主任の方は、一人になってしまった末期がん患者の方のお世話をしています。
その施設に来られる人は、人生たいへんな思いをしてきてる人ばかりです。
看護が難しい人ばかりです。

そんな人を献身的に看護していて、その人たちが亡くなる前は、穏やかになっていることが多いようです。
きびしい人生だったけれども、人生の最後は幸せな気持ちで旅立っていけたようです。
なんと有り難みのあることをやっておられるのでしょう。

心が洗われる思いです。
それに比べると、何をやっているのだろうと思います。
でも気を取り直して、やはり人はそれぞれ進む道があるのだと思います。

その方はとても素晴らしいのですが、自分もそれなりの何か役割があるのだろうと思います。
今ここにいることが、その役割だということなのでしょう。
そうでなければ、ここにいません。

そう思って。今できることをやります。
今やりたいと思うことが、自分の役割だと思います。
それは他と比較する必要はありません。

宇宙全体から見ると、いまの自分を一生懸命生きることが、一番宇宙のためになっているということです。
今やりたいことをやることです。
自分の内側に感じていることが、自分の役割です。
by human-space | 2010-12-14 22:06 | diary | Comments(0)