ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

毎日が白紙

けさ通勤の電車のなかで思いつきました。
毎日が同じことの繰り返しで、なかなかそれに価値を見いだせません。
そこで毎日が白紙だったら、そこに何を描くのだろうかと考えました。

実際今日も起きていることは、いつものとほとんど同じことです。
あまりかわり映えがしません。
でも今が全くの白紙状態としたら、いま起きているいつもと同じようなことも新鮮に感じました。

過去や未来のことを考えず、今だけのことを考えたら、たいしたことではないかとも思えました。
毎日繰り返していることも、そのものとしては素晴らしいものですが、毎日続いているために何も感じなくなっているだけです。

おいしくご飯が食べられることや、いくべき仕事があること、体も頭も普通に働くことなど当たり前のことですが、そうでない場合もよくあります。
今こうして普通でいられることも、ある意味奇跡的でもあります。
そんなに大げさに考えなくても、毎日が白紙だとしたら、少しは新鮮に感じられました。

明日からも一日が白紙だと思って過ごしていきます。
毎日にひとつひとつのことが大事に感じられるでしょう。
そうすれば自然と感謝の念も起きてきます。
by human-space | 2011-06-23 00:44 | diary | Comments(0)