ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

ごはんが普通に食べれる幸せ

きょうは健康診断の日でした。
胃のレントゲンがあるので、朝ご飯抜きでした。
たった一食食べれなかっただけですが、そのあと普通にごはんが食べれる幸せを感じました。

毎日3食何気なく食べていますが、食事ができるありがたみを感じることはあまりありません。
もともと早食いですが、近ごろはできるだけはよく噛んで味わおうとはしています。
それでも食べれることへの感謝は足りません。

たったこんなことですが、きょうはいい教訓になりました。
これからは毎食よく味わって食べることにします。
早速きょうの夕食はおいしくいただきました。

同じように何でもないことで、ありがたみを感じてないことがいくらでもあります。
例えば歩いてどこにでも行けるというのも、体が不自由な方から見れば、素晴らしいことだと思います。
目が見えるというのも、そうでない方から見れば、なんとうらやましいことだと思えます。

考えてみると、こうして普通でいられることがなんと幸せなことかと思います。
何でもないことで不平不満を言っている自分が恥ずかしくなります。
ほんとに感謝を忘れないようにします。

不平不満が出るときは、この感謝を忘れている証拠です。
このことを忘れないようにします。
何かあっても、このことを思い出したら平静でいられるでしょう。
by human-space | 2011-11-29 23:00 | diary | Comments(0)