ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

日本人は試されている

きのうは完全に寝正月でした。
きょうはうちのものの実家に新年の挨拶に行ってきました。
毎年変わりない、相変わらずの正月です。

その車で移動中、斎藤一人さんの本に付いていたCDを聞いていました。
そのなかで印象に残っているのは、斎藤さんの言うように奉仕や感謝をしようとするのだけれども、突然たいへんなことが起こってくじけてしまうのですが、というのがありました。
斎藤さんが言うのは、そのたいへんなことが起きたときこそ奉仕や感謝ができるようにするのであって、それができないのはまだ修練が足りないからだということでした。

そのとおりだと思いました。
スピリチャルのためのスピリチャルではなく、今の生活のためのスピリチャルでなければ意味がありません。
もっと心を強くしなければと思います。

心を強く持ちさえすれば、外側のことは気にしなくていいのです。
どんなことが起きてきても、心を強く持ってさえいれば、外側は自然にそれに合わせて変わってきます。
自分から外側を変えようとする必要はありません。

あと日本人は試されている、ということを言っていました。
日本は、普通にしていれば食べていけて、治安もよく生活のレベルが高い、これで幸せに感じないのは精神的に足りないものがあるということでした。
日本人は贅沢病にかかっているようです。

確かにそのとおりだと思いますが、私も人のことは言えません。
普通にしてて、なかなか幸せに感じることはありません。
ですから意識的に幸せに感じるようにします。

自分から幸せになりにいきます。
幸せだと、思い込むようにします。
そうすれば相乗効果で、幸せなことが浮かんできて、ほんとに幸せに思えるようになると思います。

普通にいるとき幸せでいれて、何かあっても、強い心で幸せと思えるようになれば、完全です。
常に幸せでいれます。
理屈的には合っていると思います。

あとは実際にやるだけです。
まずはこれが今年の目標です。
今からやります。
by human-space | 2012-01-02 15:49 | diary | Comments(0)