ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

何もないときこそ試される

きょうは3.11震災の日なので、そのことについて何か書かなくてはと思っていたのですが、お試しがいろいろあって、どれどころではありませんでした。
運良く被災しなかったものにとっては、きょうでも目先の細々なことのほうに目がいってしまいます。
何もないときこそ、心のあり方が試されます。

何かあると、そちらに気がいってしまいますので、欠点が隠れてしまうことがあります。
何もないと、言い訳ができないので、すべて自分の責任になります。
きょうは被災しなくて、平和でいれたことに感謝して過ごすつもりが、日常の細々したことにイライラしっぱなしです。

特に昔に溜め込んだマイナスエネルギーが刺激されると、強い感情がわき上がってきて、コントロールが難しくなります。
それでもイラライラしないようにコントロールしようとしたら、とても疲れました。
何も予定もないゆっくりした休日の予定が、ボロボロ状態です。


テニスをしているかして、そちらに気がいっている間は、そのことに気づきません。
何もないときこそ、本心が出ます。
まだまだです。

それが再確認できただけでも、ある意味価値があったということになります。
きょうのような日がなければ、それに気づかず、いい子ぶっていたことでしょう。
きょうのようなボロボロの日があるとこに気がついただけでも、自分自身のことがわかって、よかったということになります。

今からきょうのことをプラスに置き換えて、肯定的なことが起きたと思うようにします。
そしてプラスな感情を選択していきます。
きょう一日よかったと思うようにします。
by human-space | 2012-03-11 16:45 | diary | Comments(0)