ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

悪夢?

きょう7時半頃目が覚めましたが、また寝て目が覚めたのは10時前でした。
その間すごい夢を見ました。
目が覚めた後でも、かなりはっきりと覚えています。

自分の死に関する夢でした。
なぜか病院にいて、罪を犯したせいか、死ぬことになって。細胞を殺す注射を打たれました。
あと腕を見ると、茶色になっています。

死に向かっているんだと思いました。
体に力が入らなくなってきています。
それからトイレに行きたくなってきました。

もう動けないと思っていたら、歩いていくことができました。
まだ力が残っているんだと思っていたら、急に死にたくなくなりました。
まだやるべきことがあると思いました。

生きなくてはと思っていたら、目が覚めました。
こんな生死をさまようような夢は初めてです。
というか、初めて「死」というものを意識しました。

今までも死というものを考えたことはありますが、自分自身のこととして考えたのは初めてです。
ですから自分としてもびっくりしています。
何か意味があるのでしょうか。

それがどんなことか、いいことなのか悪いことなのかわかりません。
でも自分としてはいいこととして考えます。
いずれ死はやってくる、だからいまの生を一生懸命生きなさいということととらえます。

今まで自分が死ぬなど、考えたことがなかったように思います。
死ぬことは当たり前のことですが、ほんとに自分のこととして考えることはまずないと思います。
何かきっかけがないと意識しないはずです。

きょうがそれになりました。
自分はいつかはわかりませんが。いずれ死ぬます。
死んだら、いまの自分はなくなります。

死ぬと魂は残って、本当の自分は死ぬことはないようなのですが、いまの自分はなくなります。
有限なものなのですから、いまの自分でいれているうちは、一生懸命生きようと思います。
この死の夢で、逆に生きる力が湧いてきました、

今やれることをやってやろうと思いました。
早速お試しもやってきていますが、そんなことでくよくよしている場合ではありません。
ともかく明日死んでもいいように、今やれることをやります。

死を意識することで、生きる力が強くなったようです。
悪夢ではなく、正夢?でした。
死を意識すると、この世のどんな困難も乗り越えられるような気がします。
by human-space | 2012-06-10 22:36 | diary | Comments(0)