ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

魂に境界はない?

仕事もだいぶん落ち着いてきて、きょうは気分的にものんびりできました。
昼からは家のもの出かけていたので、ぼーっと物思いにふけっていました。
考えていたのは、せっかくこの肉体を持って生まれてきたので、いろいろ体験しておきたいということでした。

死んで魂になると肉体から自由になるので、苦しみから逃れられるだろうということです。
最初は楽になってよかったと思うでしょうが、変化もなくたいくつで、たいへんだったけれども、あの肉体を持っていた頃に戻りたいと思うのではないでしょうか。
ですから今のうちに、できることは体験しておきたいと思います。

いろいろなことをしたいと思いますが、肉体の楽しみはまず食べることです。
普段は何も考えることはありませんが、考えてみれば、おいしく食べるということは素晴らしいことです。
いつも高級なもの食べるわけではありませんが、毎回の食事を味わいながら食べていきます。

また肉体を持っているために起きてくる感情は、たいへんなことのほうが圧倒的に多いですが、それでもこういった感情を味わえるというのも、肉体ならではのことだと思います。
感情は調整が必要ですが、うまくやりながら感情を味わっていきます。
上がったり下がったりのたいへんなことも、魂なって穏やかになると、懐かしくなるかもしれません。

あと考えたのは、肉体を持っていると、自分と他の人との境を感じるが、魂になると、それがなくなるのではないかということでした。
他の人との境がないということは、自分の魂は全宇宙に広がっていることになります。
宇宙イコール自分となります。

この物理世界でも、本質は同じようになっているのではないかと持っています。。
自分はこの体だけだと思えますが、本当は外側の世界にも広がっているということです。
この外側の世界も自分だということです。

この前言っていてことに、強引にあわせようとしている感じもありますが、合っているような気もしています。
この世界も含めて自分です。
ですからすべてのものを、大事にしていなkなければいけません。
by human-space | 2012-06-23 22:41 | diary | Comments(0)