ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

さくら証書

きのう書いた、八神純子さんの東北大震災のチャリティー・コンサートで歌われていた曲です。
この「さくら証書」という曲は、歌詞にスピリチャルなことが出てきます。
八神さんがどこまで意識しているかわかりませんが、生まれてくる子供のことか、日常の当たり前のことが幸せとか出てきます。

その他You Tubeでのインタビューを聞いていると、スピリチャルな発言がけっこう出てきます。
本人はそれほど意識していないかもしれませんが、魂のレベルが上がると自然に思えるのでしょう。
歌が素晴らしいだけでなく、人としても素晴らしいです。

こんな感じで、スピリチャルが日常の生活に普通に現れてくるようになったら本物です。
スピリチャルは一部の特殊な能力を持った人にだけあるのではありません。
普通の人もそれなりに持っています。

多少の程度の問題で、神レベルから見れば、地上いる人はほとんど差がないのでしょう。
それでも少しでも高くなるように、意識していきます。
生きているうちにどこまで行けるでしょうか。

まあ先は長いので、ぼちぼち今を楽しみながら行きます。
神レベルというのは、想像すらできません。
あせってもしかたがないので、まずは今できることをやっていくだけです。
by human-space | 2013-02-10 20:51 | diary | Comments(0)