ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

テニス人生最良の日

なんて書くと、テニスの大会で優勝でもしたようですが、全然そんなことはありません。
きょうはいつものテニススクールの日でした。
内容的にもそれほどよかったというわけでもありません。

周りから見ていれば、いつもと変わっているようには見えなかったと思います。
でも自分のなかでは全然違います。
サーブが楽に入るようになったのです。

前にも書きましたが、サーブをプレッシャーなく打てるというのは、凄く大事なことです、
それはサーブだけでなく、試合全体に影響してきます。
サーブの調子が悪いと、ストロークも悪くなってきます。

それが今日のスクールの最後にいつもやっている試合形式の練習で、サーブを楽に打つことができたのです。
前からサーブばかり練習していたので、やれそうに思っていましたが、実際試合でやれたのは意義あることです。
それがきょうだけでなく、これからまだまだテニスを続けるつもりですが、テニスをやり続ける限り、サーブの問題はずっとつきまといます。

それから解放される画期的な日がきょうだったのです。
自分のなかでは、テニス人生最良の日と言っていいです。
練習のときに、画期的なひらめきを与えてくれた神様に感謝します。

そしてきょうは何ともう一ついい事がありました。
うちの子供の就職が決まったのです。
なかなか決まらなくて、やきもきしたのですが、ほっとしています。

何といっても一番よかったのは、大学の専門を生かせる仕事につけたことです。
自分の経験から言って、普通の事務的な仕事はおもしろいとはいえません。
自分の専門を生かせる仕事は興味がわいてくるのではないかと思います。

いまの自分の仕事はおもしろいといえませんが、何といっても生活ができるだけの給料がもらえるだけでも幸せです。
子供も無事大学を卒業して、就職にもつけました。
感謝しなくてはと思います。

ともかく正直、このご時世、就職できただけで嬉しいです。
きょうは本当にいい事がありました。
長く生きていれば、こんな日もあるものです。
by human-space | 2013-02-21 23:25 | diary | Comments(0)