ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

心の声に従う

WOWOWのオンデマンド番組で、サッカー元全日本の岡田監督のドキュメンタリーを見ました。
54才で中国のサッカーチームの監督に就任しました。
Jリーグからの誘いもあったようなのですが、自分の理想を求めて、より困難な道に進んでいます。

ただ心の声に従うといっても、その時期があります。
闇雲に進むというわけではありません。
心に思いを保ち続けていると、やがてそれを行う時期が来ます。

その時期が来たときが行動のときです。
そのときが来ればわかると思います。
逆に何もないときは、その時期ではないということです。

思いを落ち続けていると、宇宙がその下準備をしてくれるようです。
それが出来たら行動のときです。
それまでは待っていますが、その時期は行動が必要です、

じっとしていたのでは何も始まりません。
そして行動していっても、簡単にはいかないことも多いと思います。
岡田監督も、今年は理想のチームどころか、一部残留争いをしていました。

生きるというのはたいへんなことです。
まずはご難が食べれていたら、よしとすべきです。
動物の世界でも弱肉強食の世界で、生きるというのはたいへんなことです。

人間でも同じです。
食べるだけでもたいへんで、それから先に進もうとすると、もっとたいへんになります。
でも人間は、食べれるだけではなかなか満足できません。

ですから困難はつきものです。
いろいろあるのが当たり前で、いちいち気にしないようにすることです。
何も問題の起こらない魂の世界にいると退屈で、冒険を求めて、この世界に生まれてくるようなのです。

どうせ死んで魂だけになると楽になれるのですから、今うちだけは頑張っておこうと思います。
そのとき思い残すことのないよう、岡田監督のように心の声に従って、やれることをやっておこうと思います。
何回も生まれ変わるにしても、この人生で出来ることは一度きりです。
by human-space | 2013-04-14 20:40 | diary | Comments(0)