ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人間に差なんてない

車を運転しているとのろのろと遅い車がいたり、テニスをしていて初心者がいたりすると、自分が偉くなったような気がして、その人は何をやっているのだろうと思ったりしてしまいます。
もっと速い車から見ると、自分も遅いほうだし、テニスは自分より上手な人なんていくらでもいます。
ほんと大したことはありません。

その速い車の人やテニスの上手な人も、神のレベルから見ると、差なんて全く無きに等しいと思われます。
神の圧倒的な力からすれば、人間の差なんて、無きに等しいです。
ですから自分が偉いと思っている人は、神の存在が全くわかっていないということになります。

神の圧倒的なパワーを知っていれば、相手と自分の差なんてないと思っているので、偉そうなことは言いません。
その人は、他の人と自分は同じようなちっぽけな存在だと思っているでしょう。
そう思うと、自分はまだまだ神のことがわかっていません。

遅い車がいるとイライラするし、テニスもそうです。
同じ人間のレベルから見ています。
神のレベルから見れれば、人間なんて、いっぱいいる蟻のようにしか見えないのでしょう。

蟻の差なんてわかりません。
これからはいつもそのことを意識するようにします。
そうすればみんな平等に思えるでしょう。
by human-space | 2013-05-02 22:33 | diary | Comments(0)