ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

対称性の破れ

この前放送したNHK特集で、対称性の破れが原因で、この宇宙に物質が造られたと言っていました。
もちろん物理学のことはわかりませんが、完全だったものが、完全でなくなることで、この世界が造られたように思いました。
つまり、この世界は不完全だということです。

それは、この世界でいる限りは不完全なので、考えようによっては、不完全なのが当たり前ということになります。
ここにいる限り、不完全でいいということになります。
この前、周りのものが不完全だと思うことで、しっくりくるということを言いましたが、このことでしょうか。

これはかなりのこじつけかもしれませんが、その答えのようなものが浮かびました。
不完全だと思うことで、自分の考えと違うようなことがあっても許せるような気がします。
あっているかどうかは別にして、それで気が休まるなら、OKです。

不完全だ思うことで、心が落ち着いて、平穏でいれるなら理屈はいりません。
でも今回、テレビを見た後、こんなことを思いました。
ともかく、不完全なのですから、うまくいっていなくて当たり前なのは確かです。
by human-space | 2013-09-30 22:23 | diary | Comments(0)