ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

きのうの余韻が残っている

きのうは普通にいられるだけで、ほんとに幸せと思えました。
こんなんだったら、今はもうこのままで、何もいらないと思えました。
素晴らしい感覚でした。

一晩寝ると、残念ながらだいぶん弱まってしまいました。
意識しないと、感じないくらいになってしまいました。
きょうは、もう普通の感覚でした。

幸せという感覚はありませんが、意識すると、こうして普通でいられることは、ありがたいことだと思えます。
歩けて、食べれて、普通に出来ることが、素晴らしいことだと思えます。
自分の出来ることを、いろいろやれることで、十分幸せと思えます。

ヤンキースに行くことになった田中選手の年棒がとんでもない額ですが、すごすぎて感覚が分からないのか、うらやましいとは思えませんでした。
すごいプレッシャーのなかで、過ごさなければならないより、気楽に、身の回りのことを楽しめるほうがいいような気がしました。
もちろん負け惜しみもはいっていますが、今はほんとにそう思えています。

これからこの意識を忘れないようにします。
不平不満が出でていれば、それを忘れているときです。
この感覚さえあれば、これからも人生を有意義に過ごしていけます。
by human-space | 2014-01-25 00:32 | diary | Comments(0)