ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

文句を言っていると、それのありがたみは分かることが起きてくる

世の中にはいろいろ気になることがあります。
それについて、文句を言っていると、それのありがたみが分かることが起きてきます。
例えば、文句を言っていたものより、ひどいことが起きてきて、それのほうがよかったと思うことになったりします。

神様は、現状で満足しなさいと言っているようです。
いま満足できないようだと、そうでないようになっても、また何か満足できないものができて、いつまで経っても満足することがありません。
いま満足できない人は、いつまでもの満足できない人になります。

いまがよくないことのように感じます。
それはある面は確かにそうかもしれませんが、別の面から見れば、いいことがるはずです。
その面から見るようにすれば、満足できるはずです。

ちょっとした癖のようなものです。
癖を直すには、最初は意識して直しようにしなければ直りません。
ですから、文句を言っている自分に気が付けば、意識して直すようにします。

そしていつも、そのいい面だけを見ることが出来るようになれば、ここが地上の天国なるでしょう。
それは外側の状態ではなくて、自分の内側の状態にかかわってきます。
ですからそれを直すのは、外側を変えるようにするのではなくて、自分の内側を変えるようにします。

つまり自分だけで、幸せになれるのです。
それは外側の状態に依存するのではありません。
幸せは、自分でなることが出来るのです。
by human-space | 2014-03-13 23:37 | diary | Comments(0)