ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

ついていると思える

犬がずっと吠えています。
どうも、道を挟んだ、道ばたに繋がれているようです。
たぶん、人通りもあるので、こわくてずっと吠えているのだと思います。

犬もかわいそうです。
また、そこの家の人はよく知らないのですが、周りが気にしていることが分からないのでしょうか。
道を挟んだ向こうなので、うるさくてたまらないというわけではありませんが、今も聞こえて、気にはなります。

こんなときも、そのすぐ前の家でなくてよかった、ついていると思えました。
すぐ前の家なら、かなり気になるはずです。
こういうとき、犬がうるさいことがマイナスに思えるか、ついていると思えるかで、心理状態が全然違います。

今は精神状態がいいのでしょう、自然とついていると思えました。
もちろん、全然気にならないわけではありません。
でも、ついていると思うほうが比重が大きいです。

また、足の肉離れの件も、ついていると思えています。
きょうも、テニスを休んだので、おもしろいことはないのですが、それでも、長い間休まなければいけなかったかもしれないと思うと、来週にはテニスが出来そうなので、ついていると思えます。
少しは成長しているのでしょうか。

それはともかく、同じことが起きても、どうとるかで、気持ちが変わってきます。
それは、起きてくる外側の問題ではなくて、自分の内側の精神状態の問題だということです。
ですから、問題を解決しようと外側に対処するのではなくて、自分の内側を変えることで、問題と思われたことを、問題ではないと思えるようにしてしまうことです。

そうすることのほうが、効率的だと思います。
外側に対処していても、それはきりがありません。
でも内側は、いったん精神状態を高めれば、どんなことにでも、問題だとは思わなくなります。

やり方はいろいろあると思います。
今やっているのは、どんなときにでも、ついていると思うようにすることです。
それを意識的やっていると、習慣になって、自然にできるようになるのではないかと思います。
by human-space | 2014-04-24 21:14 | diary | Comments(0)