ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

この世界に、畏敬の念をもつ

やはり、この世界は神様がつくったとしか思えません。
無限の宇宙の広がり、60兆もの人間の細胞など、とても、人間がどうこうできるものではありません。
すごすぎます。

科学者などが、詳しく調べれば調べるほど、そのすごさが分かるようです。
IPS細胞の山中教授も、細胞のすごさに、畏敬の念を持つようなことを、言っていました。
それは、もう神としか言いようがないようです。

そんなに科学的でなくても、普通に考えて、この世界のすごさに気づきます。
しかし残念ながら、こうして意識的に考えないと、そう感じません。
日常の雑多なことに追われ、スピリチャル的な感覚を感じる余裕がありません。

でもこうしてたまに、考えてみると、自分がここにいることが、奇跡のようです。
そして、毎日が奇跡です。
残念ながら、毎日そう思えるわけではありません。

でも、この畏敬の念を、いつも心にしまっておくようにします。
そうしたら、何かあっても、そこから動いていくでしょう。
人間なんて、圧倒的な力を持っている神様から見れば、差なんてないようなものです。
by human-space | 2014-05-09 23:25 | diary | Comments(0)