ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

魂って、たいくつ?

生まれる前のことを記憶している子供がいるという、転生輪廻の痕跡があることが事実なら、人間には魂があるということになります。
魂は、肉体を持たないことから、それを維持するために、食べるということはないことになります。
食べなくていいなら、それを得るために働かなくてもいいことになります。

また肉体を持たない魂は、病気やけがをすることもありません。
生きるために、何もしなくていいとは、何と楽なことでしょう。
まさに天国にいることになります。

この肉体を維持するのに、こんなにたいへんな思いをするなら、いっそ、死んで魂なったら楽だろうと思ってしまいます。
確かにそうだろうとは思いますが、ほんとに魂になったら、最初は楽でいいと思うでしょうが、そのうち、退屈でしょうがなくなって、肉体を持っていた頃に、戻りたくなるのではないでしょうか。
ドタバタやるほうが、変化があっておもしろいと、思うようになるのではないでしょうか。

魂になって、食べなくていいようになると、いま美味しく食べているものを食べられなくなります。
いまも毎日、豪華なものばかり食べているわけでありませんが、いずれ食べれなくなることを思うと、できるだけ毎食、味わって食べるようにしています。
また、異性を見ても、興味がわかなくなるだろうし、スポーツの爽快さ、あと風呂に入った起きの気持ちよさ、などなど、いま当たり前のことが、体験できなくなります。

そんなことを思うと、魂だけになったら、何をやってるのだろうと思います。
ほんと退屈そうです。
それで、たいへんだと分かっていても、わざわざ、また、この世界に生まれ落ちてくるのではないかと思います。
そうなると、この世界は、ある種、アドベンチャーワールドです。

危険もあるけれども、凄く楽しみもあるということです。
リスク覚悟で、生まれてくるのでしょう。
ですから、ある程度は、たいへんなのは、想定内ということになります。

でも、いったん生まれたからには、最後まで頑張るしかないです。
というか、いまこそ楽しんでおかないと、死んでしまったら、またもとの何もないところに戻ってしまいます。
いま楽しんでおかないと、もったいないです。

もしどうしようもなくなれば、最後は、死んでしまえば、楽になれるのです。
永遠に、苦しまなければいけないことはありません。
ゲームオーバーにすればいいだけです。

現実は、こんなに単純にはいきません。
簡単に死ねるわけでもなく、苦しいことばかりの時もあります。
でも、心の持ちようとしては、こんな感じでいればいいのではないかと思います。

せっかくなのですから、楽しんでおかなくては損です。
いまは、いま持っている肉体で、やれることをやればいいと思います。
あまりあせって、すべてをやろうとする必要はありません。

また生まれ変わるのですから、そのときに、別の楽しみをすればいいのです。
いま目の前のことを、やっていくというので、いいと思います。
このゲームは、なかなか上がりにならなく、何百回も生まれ変わらなくてならないようです。

慌てることはありません。
いま出来ることを、楽しんでいきます。
まさに自分が、そうしていきます。
by human-space | 2014-05-20 00:13 | diary | Comments(0)