ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

限界は自分で決めている

きのうのNHKでの、本田選手のインタビューでも、そんなことを言っていました。
確かにそうだと思いますが、そのときは、まだピンとはきていませんでした。
今朝、NHKの朝のニュースで、障害者の女の子が、パラリンピックで使っている足用のブレードを履いて、走っていました。

その子は、風を切って走るのは、久しぶりだということです。
もう出来ないと思っていたけれども、それは、できないのではなく、やらなかっただけだ、と言っていました。
これを聞いて、吹っ切れました。

自分中で、限界を決めていただけだ、と思いました。
出来ると思って、やればできるのです。
これだったのです。

今までこうなりたいと、頭の中でモヤモヤしていあtものが、頭の外へ、飛んでいくような感じがしました。
そして、頭の中が空っぽになりました。
自分の思いが、宇宙に吸収されたような気がしました。

それで、あとは宇宙がその思いを、段取りしてくれるのではないかと思っています。
あとは宇宙に任せて、自分は目の前のやるべきことと思われることを、やっていけばいいだけだと、思っています。
ほんとに、どうなるかは、宇宙しか知りません。

ともかく、目の前のやるべきことをやるだけです。
変な気負いはありません。
それで毎日過ごしていくだけです。
by human-space | 2014-06-10 23:15 | diary | Comments(0)