ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

やはり、何もないのは幸せ

きょうは、午後から車を修理に出したり、用事をいろいろとしました。
ディーラーで、修理が終わるの待っていると、隣で、新車を購入する人が、ディーラーの人と、交渉していました。
よくは聞こえませんが、客商売の、たいへんさを実感しました。

今の仕事が、それではないことを、ありがたく思いました。
こんなことを毎日していることを思うと、何もなく過ごせていることが、いかに幸せなことか分かります。
もちろん、仕事なので、それなりのたいへんさはありますが、この営業に比べると、それほどではありません。

そういえば、父が入院していたとき、看護師さんの働きぶりを見て、目先のちょっとしたことに、不平不満を漏らしていた自分が、恥ずかしいと思ったことがあります。
まだまだたいへんな思いをしている人は、大勢います。
ほんとに、何もなく過ごせているとこが、いかにありがたいことか、再認識しなくてはいけません。

分かっていても、すぐ忘れ、同じようなことを何回も、思い返すのも、もう最後にします。
きょうからは、心に刻み付けます。
何もない、平凡なことこそ、ほんとうに幸せなことです。
by human-space | 2014-09-06 20:14 | diary | Comments(0)