ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

神様が膝を休めろ、と言っている

きょうは、朝は冷えましたが、天気が良く、気温も上がって、絶好のテニス日和です。
また、テニスの調子も良くなってきているので、やる気満々でした。
それが、何と、テニスコートの照明の故障で、やれませんでした。

次の予定の、土曜日は、どうも雨模様です。
今はテニスをしないようにと、言われているようです。
そういえば、よくなってきていた膝が、この火曜日のテニスで、また悪くなってきました。

また、けっこう痛くなりました。
無理をすれば、テニスはできるのですが、ひょっとしたら、かなりひどくなるかもしれません。
でも、できれば、やってしまうでしょう。

それなので、神様が、無理やりできないようにしてくれたのかもしれません。
照明が点かないのでは、やりようがありません。
もちろん、雨もダメです。

真偽はともかく、起きてくる現実は、つねにベストのことだと、思うようにしています。
そうだとすると、こういう結論になります。
つねにベストのことだと思うようにすれば、マイナスな気持ちにはなりません。

人間は、すべてのことがわかりませんから、どれが合っているか、結論付けることができません。
この考えも、ほんとうに合っているのかもしれません。
わからないのであれば、いいように考えたほうが、得です。

ですから、起こってくることは、ベストのことであると、思い込むようにします。
もちろん、現実は、なかなかそう思えないよう時も、多々ありますが、そんなときも、ほんとうにベストのことであるかもしれません。
思い込んだほうが、勝ちです。

つねに、いいように考えて、いい気持ちでいるようにします。
意識的に、それを選択していきます。
左脳のきまぐれに、振り回されないで、自分で自分の気持ちを、選択していきます。
by human-space | 2014-10-30 22:44 | diary | Comments(0)