ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人間はもう悟ってる

脳梗塞になった人が、左脳の機能失って、右脳だけ機能している状態の時、悟りの境地のような体験したそうです。
自分という個の感覚がなくなり、宇宙と一体になって、至福に包まれているような感覚だったそうです。
まさに、悟りの状態ではないでしょうか。

どうも、人間は、そのままで、悟っているということになります。
それが、左脳があるために、そのことを、感じられなくなっているようです。
ですから、悟ろうとする必要はありません。

ただ、左脳が邪魔しないように、左脳を制御すればいいだけになります。
これなら、なんとか悟れそうな気もしますが、現実は、かなり難しいと言わざるを得ません。
周りに、悟った人を見たことがありません。

右脳だけになると、空間や時間の感覚が曖昧になるようです。
この世界を形作っているのは、左脳であることがわかります。
ですから、この世界に生きているうちは、左脳と切っても切れないことになって、この世界の中で、生きているうちは、まず難しいでしょう。

瞑想などして、この世界と切り離すことができれば、そのときは、悟りの境地に入れます。
瞑想を繰り返していけば、悟っていた頃の感覚が、悟りから抜けても、残っていて、そのうち、普段の生活の中に、定着していくのでしょう。
どこまでやれるかわかりませんが、この生で、悟りは無理でも、うまくやれるようには、していきたいものです。

ともかく、左脳がなければ、個の感覚がなくなり、いま体験できている、いろいろなことを体験できなくなります。
いまは、それは困るので、両方を、うまく使えるようにすることになります。
言うは易し、行うは難し、です。
by human-space | 2014-11-17 21:03 | diary | Comments(0)