ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人間だから、こんなもの

テレビのチャンネルを回していたら、たまたま、NHKで、相撲をやっている女子高校生の番組をやっていました。
それを、ついつい最後まで、見てしまいました。
この子は、中学生の時、県大会で優勝したしたのですが、クラスで授業のときふざけていた子を、注意したことで、いじめにあい、学校に行けなくなったそうです。

それを見かねた、相撲部の顧問の先生のつてで、他の県の高校に行くことになり、その先生に教えられた、一直線の押し相撲を貫いて、優勝こそできませんでしたが、頑張っていました。
その子も、中学校時、優勝した頃は、怖いものがなかったのではないかと思います。
それが、ちょっとしたことで、失意のどん底まで落ちてしまいました。

それが、周りにも支えられ、ここまで頑張れるようになったことを、描いた番組でした。
人間というものは、ほんとに、思ったようにはいかないものだと思いました。
それでまた、それこそが人間なんだと、思いました。

すべてのことがわからない人間は、間違いを起こしてしまうのは、しょうがありません。
それは、どうしようもありません。
ですから、問題を起こしたことが問題になるのではなくて、そこから、どうやっていくのかが、問題となります。

まずは、失敗したことを、責めないことです。
自分を、責めないようすることです。
人間だから、しょうがないのです。

そして、他の人も、責めないことです。
同じ人間なのですがら、間違うことは、しょうがないのです。
自分も含めて、どれだけ、許せるかです。

許せたなら、そこからどう学ぶかです。
失敗はしょうがないですが、それをどう生かすかです。
同じことを繰り返すようだと、それは、問題ではあります。

それでも許せるようになったら、それは神様かもしれません。
それほど慈悲深い目で見れるようになったら、ほんものです。
普通はそこまでいきませんが、まずは、自分が失敗を繰り返さないようにすることは、やろうとおもえばできるはずです。

でもまずは、失敗を許すことです。
それができれば、一歩進歩です。
それができれば、それを糧に、次に進めるでしょう。
by human-space | 2014-12-06 23:13 | diary | Comments(0)