ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

普通でいれていることの幸せを、感じるようにする

きょう、テニスに車で向かっていたら、突然、右の脇道から車が、突っ込んできました。
急ブレーキを踏んで、間一髪間に合いました。
夜で、ライトが点いているので、来ているのがわかるはずなのに、相手の車は、何をやっていたのでしょう。

怒りの感情も湧いてきたのですが、当たらなかったので、その場は何事もなく、通過していきました。
相手が悪いとはいえ、当たらなくてよかったです。
大事故になる可能性もありました。

大事故にならなくても、ぶつかると、後々、面倒なことになります。
ともかく、ついてると思いました。
きょうは、午後雨が降り、テニスができないかもしれませんでしたが、なんとやることができました。

懸念されていた仕事も、無事終わり、きょうは、ついていると思いました。
ついていると思っただけでなく、普通でいれていることが、ありがたいと思いました。
車にぶつからなかったおかげで、いつも通りテニスもでき、普通でいれています。

普通でいれていることは、当たり前のように思えてしまいがちですが、今日のことを思うと、普通でいれているということは、簡単そうで、以外とできないことだと思えました。
普通でいれているというのは、何もなくていれて、ありがたいことなんだなあ、と思います。
普通でいれている幸せを、感じなければいけないと思いました。

普段、何気なくいれているのは、幸せなことです。
そして、このことを忘れないようにします。
それができれば、一歩進化です。
by human-space | 2014-12-11 22:48 | diary | Comments(0)