ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

今朝の衝撃的な夢は、何だったのだろう

今朝、衝撃的な夢を見ました。
白い引き戸の向こうで、すごい音がしました。
これは自殺だと、咄嗟にわかりました。

心の中に、すごい衝撃が走りました。
そこで、目が覚めました。
誰が自殺したのか、わかりませんでした。

ただ、ドアの近くで、両親が心配そうに見ていました。
感じとして、身内のようなのですが、見当がつきません。
家の中では、そんなことをする人はいません。

いったい、この夢は何を意味するのでしょうか。
正夢だとこわいのですが、いま、そんな感じは全くありません。
きのう、職場の人が、自殺した人の葬式に行っていた話を聞いていたので、それが影響したのかもしれません。

たぶんは、それだと思います。
その時は、他人事だと思って、ほとんど気にしていませんでした。
でも、夢の中では、すごい衝撃が走りました。

夢のなかで、そのとき、近くに両親がいましたが、父はもう亡くなっています。
心配して、天国から見に来たのか、父が生きていた頃の、実現する可能性のあった、過去をいま見ているのか、いろいろと想像してしまいます。
考えれば、きりがありません。

何が本当のことなのかわからなくなります。
でも、視点をはっきりさせれば、絞れてきます。
どんなときも、肯定的なことしか起きないと、思っています。

ですから、肯定的な意味を持つ視点から、考えていけばいいことになります。
近頃、幸せボケしている、警告なのでしょうか。
調子の乗りすぎているから、気をつけなさいという、ことなのでしょうか。

また、実現する可能性のあった過去を見せてくれ、ひとつ間違うと、こうなったかもしれないと、注意してくれているのでしょうか。
そうならないよう、いつもちゃんと考えて行動するようにします。
ともかく、この夢が肯定的なことと思って、気にしないようにします。
by human-space | 2014-12-27 20:14 | diary | Comments(0)