ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

心配性を生かしている

きょうの、「プロフェッショナル仕事の流儀」は、小児外科医の方でした。
難手術を見事にこなして、多くの子供達を助けています。
何より素晴らしいのは、自分の負担を大きくして、子供の負担を少なくしているということです。

開腹すれば、手術自体は簡単になるのに、子供の体に負担が少ないように、跡が残らないよう、内視鏡の手術をしたりしています。
内視鏡にすれば、手術する人はたいへんですし、リスクも増えます。
それなのに、あえて、内視鏡に挑んでいきます。

口で言うの簡単ですが、実際は、すごい負担になっているのでしょう。
とてもたいへんなことですが、人のために頑張る姿は、美しいです。
なかなかできるものではありませんが、少しでも、やっていきたいと思います。

あと、その医者の方は、すごい心配性だそうです。
それで、手術の前には、すごく、完璧な準備していました。
手術するときは、おく病なくらいがいいそうです。

マイナスに思われている、心配性を、治そうとするのではなく、それを生かしています。
そのために、心配性を持って生まれてきたのでしょうか。
いまある現実が、ベストだということでしょうか。
by human-space | 2015-03-16 23:38 | diary | Comments(0)