ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

ブロードウェイの主演に抜てき

NHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを務めた、シャーロット・ケイト・フォックスさんが、ブロードウェーミュージカル「シカゴ」への出演が決まったようです。
実は、「マッサン」は、ほとんど見ていないのですが、彼女は、そこで、勇気、忍耐、そして最善を尽くすことも学んだそうです。
与えられた現実を、一生懸命生きると、こういうことがあるのでしょう。

ともかく、本人が、一番びっくりしているようです。
今ある現実は、何か意味があって、ここにあるということです。
ここで、一生懸命やって、クリアすれば、次のレベルの現実が待っています。

ここまでは、なかなかないでしょうが、誰しも、何かあると思います。
今の現実が、思ったようなものではないとしても、そこをクリアすることで、次があるということです。
意味のないものは、存在し得ないことを考えると、ともかく、今が大事です。

今なしに、次はありません。
また、シャーロットさんも、「私の頭の中には『お前なんかが、できるのか』と悪いことをささやく小さな人がいる。その言葉を聞くと不安になって気持ち悪くなるけど、その小さな声が聞こえなくなるまで稽古を積んで、楽しみながらがんばります」と、不安な気持ちになっています。
その不安を、乗り越えて、次があります。

何か、新しいことをしようとすると、不安はつきものです。
未来のことがわからない人間は、そういう気持ちになるのは、しょうがないです。
ひょっとしたら、そこが面白いところかもしれません。

だって、未来のことがわかっていたら、どうなるか、ワクワクすることがなくなります。
その不安な気持ちも楽しみながら、やっていけるといいですね。
ともかく、シンプルに、今を一生懸命に生きることです。
by human-space | 2015-04-09 00:39 | diary | Comments(0)