ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

「今が一番しあわせ」が、心に、よく浮かんでくるようになった

毎朝、1時間かかる通勤の車の中で、ずっと言っている、「今が一番しあわせ」のおかげで、ふと、我に返ったとき、よく心に、浮かんでくるようになりました。
脳の中に、回路ができあがったのでしょうか。
やっと、思ったようになってきました。

「今が一番しあわせ」なのは、理屈では、わかっているつもりですが、いつの間にか、この大事なことを忘れてしまって、何か、不平不満を言ってることがあります。
思い出していれば、文句を言うことはありません。
今こうしていられているだで、幸せなことですから、何でもないことで、不平不満など言えません。

結局、必要なのは、このことを、いつも、忘れないでいるということです。
それには、脳の中に、刻み込むしかありません。
それで、毎朝、「今が一番しあわせ」を言うようにしています。

これを始めて、10月が経っているので、さすがに、脳に、回路ができたのでしょう。
脳のシナプスが、物理的につながれば、まず大丈夫です。
簡単には、なくなることはないので、忘れることもありません。

それでも、「今が一番しあわせ」の言葉が浮かんでくるだけで、幸福感を伴っているわけではありません。
ですから、いつも幸せな気分で、いれているというわけではありません。
でも、この言葉が浮かんでくることで、幸せと思える現実を再認識できるので、何かあったときでも、不平不満を言っちゃダメだ、という気になります。

それで、1日の間に、マイナスは気分でいることが、少なくなってきました。
もちろん、瞬間的には、マイナスな感情は、しょっちゅう浮かんできます。
車で走っていて、割り込まれたときなど、一瞬、ムッとします。

でも、このことが考えられると、割り込んだ人は、何か急いでいたのかもしれない、と思え、心が落ち着いてきます。
不安な気持ちが浮かんできたときも、「今が一番しあわせ」が浮かんで来れば、打ち消すことができます。
実際、かなり効果があります。
by human-space | 2015-09-26 17:35 | diary | Comments(0)