ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人間は感情の生き物、損得だけでは生きられない

今朝、朝遅めの朝食を取っているとき、たまたま見た、NHKの番組で、福島のイギリス人教師が出ていました。
彼らは、東北の震災のとき、一時期は、イギリスに帰っていたものの、福島の生徒のことが忘れられず、また、日本に帰ってきて、教師をしています。
彼の母の、イギリスに残って欲しいとの、説得にもかかわらず、日本に帰ってきました。

そのころ、外国のメディアでは、原発の事故のことを、かなり深刻に放送しており、放射能の危険のことを考えると、普通なら、考えられません。
彼らは、残っている生徒のことが、よほど気にかかっていたのでしょう。
ほんとに、人間は感情の生き物で、損得だけでは生きられないと、思いました。

感情は、神様の贈り物だと思います。
今回のような感情を感じると、生きていく、勇気を与えられます。
でも、もちろん、感情のままには、生きられません。

感情は、諸刃の剣です。
そのコントロールが難しいので、生きるのが、難しいとも言えます。
せっかく神様から頂いた感情を、うまく感じながら、生きていきたいと思います。

そのためには、マイナスな感情の処理をどうするかです。
起こらないに越したことはありませんが、人間でいる限りは、起こらないでいることは、不可能です。
その影響を、より小さく済ますという、ことしかありません。

起きてくる、マイナスな感情は、千差万別で、対処する画一的な、方法はありません。
ケースバイケースで、処理していくしかありません。
あまり考えすぎることはありませんが、ともかく、マイナスな感情が、コントロールできないほど、大きくならないようにすることです。

大きくなりすぎてしまえば、人間の意志では、どうしようもないです。
それは、この世界の出来事を見れば、明らかです。
ようは、大きくならない前に、対処することです。

それは、いつもやっていることを、地道にやっていくだけです。
早めの対処、それが必要です。
きょうも、けっこう、あやしい感情が、ちょくちょく、起きてきました。

そのやり方が、どうのこうのというのもありますが、一番かたいのが、普段から、安定した精神状態でいることです。
落ち着いていれさえすれば、何とかなります。
でも、不安定でいたなら、ちょっとした感情でも、コントロールできなくなって、それが大ききなってしまうことになります。

やはり、心がけるのは、ふだんの、精神状態のことでしょうか。
いいことでも、あまり激しすぎるのは、よくないかもしれません。
何事も、無理をしないほうが、いいような気がします。

ともかく、だきるだけ、起きてくる感情を、楽しんでいれけらと思います。
うまくいけば、これほど素晴らしいものはありません。
つねに、意識はしていきます。
by human-space | 2015-09-27 20:12 | diary | Comments(0)