ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

怒りの感情を、コントロールするのは難しい

きょう、家での作業中、作業台から落ちて、腕をすりむいてしまいました。
たいした怪我ではなかったので、よかったですが、やばかったです。
台を踏み外すという、単純な、不注意でした。

実はこの作業前に、ちょっとしたことがあって、怒りの感情を持ったまま、作業にかかっていました。
自分でも、これではいけないとわかっていたのですが、怒りの感情を、コントロールできませんでした。
この衝動を、制御するのは、難しいです。

自分の意識していることが、現実化すると思っているので、何とかしようと思っていましたが、できませんでした。
それで、このざまです。
情けないですが、腕をすりむいただけで済んだので、よかったと思うようにします。


怒りを、表面には出さなくても、内に持っている限り、いずれ、なんらかの形で、外に出てきます。
外に出てきてない、早めに、対処すべきですが、なかなかできるものではありません。
怒りの感情が、強烈なうちは、まず、コントロールは、不可能でしょう。

それが、収まるのを待つしかありません。
それと、それ以上、大きくならないように、その怒りの感情に、賛同しないようにします。
賛同してしまうと、怒りが収まらず、いつまでも、続いてしまいます。

やるべきことは、収まるまでは、何もしないようにすることでしょうか。
何もしなでいれば、外に出てくることもないでしょう。
でも、今回のように、何かやらなければ、いけないときがあります。

そんなときは、どうすればいいのでしょうか。
できるだけ、怒りの感情に、とらわれないようにするしかありません。
その、やれることを、やるだけです。

それができなければ、今回のように、何らかのことが、起きてしまいます。
まあ、そのれも、教訓にはなります。
そう思って、肯定的には、考えるようにします。
by human-space | 2016-01-09 17:28 | diary | Comments(0)