ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

今の日本で、幸せになれなくて、いつ幸せになれるのだろう

八代亜紀さんが、悲しいブルースアルバムを出した理由を、インタビューで、こんなふうに言っています。

「いまの時代、あたりまえの幸せをスルーしちゃっていると思うのね。すごく幸せな時代のはずなのに、悲痛な事件が後を絶たない。引きこもりという言葉がクローズアップされたりだとか、強烈ないじめが行われていたりだとか、悲惨なニュースを見ていると、いまの日本は本当の幸せ、本当の平和を忘れかけていると感じるんです。なぜいま〈哀しい〉が必要かというと、哀しさを感じている人たちがそういう歌を聴いて、自分よりもこんなに哀しい人がいるんだって気付いてほしいから。親が朝昼晩働きっぱなしで家にほとんどいなかったとしても、やっぱり幸せなんだと思ってほしい」

もっと、不幸な人はいると思えることで、今が幸せと、思って欲しいということだと思います。

ほんと、そのとおりだと思います。
きのう、ショピングセンターに行った時も、ものにあふれ、それらを手にできるというのも、こんな幸せなことはありません。
もちろん、そうでない人もいるでしょうが、総じて日本は、幸せな状態であることは、間違いありません。

それでも、幸せに思えないのは、本人の、心の問題だと思います。
自分の考えさえ変えれば、何とかなると思います。
外側を変えるのではなくて、内側の問題です。

理屈は、簡単にできそうですが、現実は、なかなかそうもいきません。
どうしても、周りと、比較してしまいます。
周りの状態から見て、自分が、不幸に感じてしまいます。

ある人から見れば、ご飯が食べれて、寝るところさえあれば、十分、幸せなことでしょう。
八代亜紀さんも言っているように、自分より、悲しい人がいることに気づいて、やっぱり幸せなんだと、思うようにすることです。
落ち着いて、ちゃんと考えれば、わかることと思います。

これは、今から、すぐできます。
お金もかからず、修業的な努力も、必要ありません。
自分が、やるか、やらないかだけです。

これができない限り、いつまでたっても、幸せになれないでしょう。
お金があれば、幸せになれると思っていて、そのお金が手に入っても、また別の、問題が起こることは、明らかです。
いま幸せになる、癖をつけることです。

これは、ただの脳の訓練です。
いつも幸せを思えるような、シナプスの配置に変われば、そう思えるようになるでしょう。
幸せと思う、癖をつけるだけです。
by human-space | 2016-01-11 16:13 | diary | Comments(0)