ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

生命の神秘

「奇跡の脳」で、作者が言っていますが、人間が、宇宙とひとつになれると同時に、個として存在することに、畏怖の念さえ感じるそうです。
本当は、宇宙はひとつなのでしょうが、自分というものが、存在することが、奇跡のようなものなのでしょう。
確かに、考えてみれば、とんでもなく不思議なことです。

そのおかげで、個として、いろいろな体験ができます。
本当はひとつである神が、自分の宇宙がどんなものか、体験したいために、個というものに、別れたということを、本で読んだことがあります。
何となく、わかったような気には、なります。

その個である、体は、50兆の細胞からなっており、それが、その生命力そのものだということだそうです。
これが、神のつくられた、人間になります。
まさに、それが、奇跡、神秘、神ということです。

こういう、超基本的なことを、忘れないようにしなければいけません。
今、こうしていられているだけで、感謝の気持ちを持たなければと思います。
これが、すべてのことの、根底にあります。
by human-space | 2016-01-27 01:18 | diary | Comments(0)