ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

無我の境地には、いつなれるのだろうか

スキージャンプの、レジェンド、葛西紀明さんが、無我の境地でジャンプできたのは、40歳を超えたからだそうです。
それまでは、アレコレと考えて、ジャンプしていて、無我の境地で飛べるようになって、結果が出てきたとのことです。
自分も、今、テニスの打ち方を、あれこれ考えながらやっています。

なかなか、思ったように打てません。
何も考えず、打てるようになったらいいのに、と思ってますが、いつのことでしょうか。
葛西さんは、10代の頃からジャンプを飛んでいるので、20年以上かかっていることになります。

それも、こんな人は、毎日練習していて、これです。
私のような、ウィークエンドプレーヤーでは、いつのことやらです。
でも、考え続けていなければ、無心で、打てるようにはなれません。

これは、スピリチャルにも言えそうです。
無我の境地になるのが、目標ですが、そのためには、考えていなければ、変わっていけません。
考えて、考えて、考えて、行った先に、無我の境地があるのでしょう。

テニスでも、いつのことやらなのに、スピリチャルに至っては、この人生では、とても無理かもしれません。
それでも、前に進むためには、考えていくしかありません。
何がゴールなのかも、よく見えないなか、ともかく、毎日、ほんのちょっとでもいいから、前に進んでいきます。

今やれることを、やるだけです。
もう、それしか言えません。
でも、それが、人生の解答かもしれません。
by human-space | 2016-02-09 22:29 | diary | Comments(0)