ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人間が手を出してはいけない、二つの領域

きのう、NHKで、福島原発の特集をしていました。
もう何回も同じような番組をしていますが、今回、新しいことを知りました。
福島原発、1号機と3号機は、ベントに成功して、原子炉格納容器の圧力を下げることに成功しましたが、2号機は、ベントに失敗して、お手上げ状態になっていたことでした。

そのとき、吉田所長の手記によると、もう神頼みだったようです。
たまたま、どこかの配管らしきところから、圧が漏れたので、原子炉格納容器の圧力を下げることが出来たのですが、そうでなかったら、原子炉格納容器が爆発して、高濃度放射能が漏れだだし、東日本が壊滅していたかもしれないとのことでした。
ほんとに、おそろしい話です。

この原子力は、人間が手を出してはいけない領域ではないかと思います。
人類では、制御できないことが、今回よくわかりました。
科学は発展は、必要なことですが、精神性の発達が遅れている人類は、原子力には、手を出すべきではないと思います。

それともうひとつ、IPS細胞などの、遺伝子操作も、同様だと思います。
遺伝子操作も、原子力と同じで、うまくやれば、すばらしい成果が期待できますが、人間の精神性が低い今、これに手を出すと、とんでもないことになる危険性があります。
生命の根幹に関わることで、悪用されると思うと、ぞっとしてしまいます。

遺伝子操作も、もう動き出したら、止まりそうもありません。
人類は、これから、どこに向かうのでしょうか。
ただ、見守るしかないのでしょうか。
by human-space | 2016-03-14 23:15 | diary | Comments(0)