ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

体験してみないと、人の痛みは分からない

前に左手がしびれていた時、通っていた接骨院のところは、車道に右折して出るのですが、田舎の割には車が多く、直前に信号もあって、なかなか出にくいところでした。
今日、その信号で待っていた時、右に出ようとしている車がいました。
その時のことを思い出し、ちょっと待って、出してあげました。

実際に体験してみたら、その大変さがわかります。
今まで、色々と大変な思いをしてきましたが、とてもいいこととは思えませんでした。
でも、そういう体験をすることで、その人の痛みもわかるということであれば、その体験は、ただの否定的なことではなっかたいうことが言えます。

少なくとも、無駄だったということはありません。
弥勒観音像を見ると、慈悲深い表情をしていますが、その方が、大変な苦労をしてきたからこそ、人の痛みがわかり、そういう慈悲の気持ちが表れてくるのではないかと思います。
ですから、今、訳も分からず、自我の思うままに奔放にしている人間にも、慈悲深くいられるのでしょう。

今はとても、そんな慈悲深くいられませんが、今日のように、ちょっとしたことからでも、やっていきたいと思います。
また、その痛みに気付くようにしていきたと思います。
人の痛みがわかれば、自然と行動はそういったものになってくるでしょう。

by human-space | 2016-11-05 20:17 | diary | Comments(0)