ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

我ら世の光とならん

昔の記憶を取り戻しに、中学校の同窓会に行ってきました。
普通に思い出そうとしても、どうだったかほとんど思い出せません。
さすがに、その当時のメンバーに会えば思い出すでしょう。

行ってみると、徐々に記憶がよみがえりました。
失われた三年間を、少し取り戻した感じです。
いろいろ同窓生と話していた中で、当時の担任の先生と話した時、先生は今日早めに来て、中学校の校舎を見に行ったそうです。

そこの石碑に、「我ら世の光とならん」と書いてあることを話してくれました。
思い出しましましたが、当時は全く何も考えていませんでした。
今になってみると、何と素晴らしいことを書いてあったんだろうと思います。

そういえば、中学校の名前も、地区名ではなく、それに見合った名前でした。
公立なのに、たぶん設立当時の校長さんが、立派な方だったのでしょう。
卒業してから何十年もなって気づいて遅いくらいですが、それでも、今気づいただけでも、よかったと思います。

ほんの豆電球くらいの明るさしかないかもしれませんが、少しでも明るくできたらと思います。
力んでもしょうがありません。
自然体で、やれることをやっていこうと思いました。

そういえば、この同窓会、最初は親戚の人が来るとのことで、欠席にしていましたが、都合で来れなくなって、参加できることになりました。
行けるのが決まったのが大晦日で、どうしようかと迷っていたところ、家の者の一押しもあり、いく気になりました。
いざ連絡してみたら、案内葉書の幹事さんの電話番号が間違っていて、連絡が取れず、無理だと思っていたら、たまたまLINEに同窓生の名があり、そこから連絡が取れました。

最初はただ、記憶を思い出しに行くつもりでしたが、この格言を思い出すために、行けるようにしてくれた気がするくらいです。
本当に素晴らしい言葉です。
肝に銘じておきます。


by human-space | 2017-01-02 18:48 | diary | Comments(0)