ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

昨日、市の大会に出れなかった答えが浮かんできた

テニスの試合が終わると、いつも頭の中で反省をしています。
どこが悪かったのか、何ができたのか、それを次の練習に活かします。
これは、試合に出ないと、練習しているだけでは、なかなかわかりません。

これだけでも、試合に出た価値があります。
そんな時、対戦した人の言葉を思い出しました。
「特にこれといった欠点はないんだがなあ」これは、特に強いところがないということを言われたということです。

試合をしていく上で、これならポイントが取れるという強みがないと、試合ではなかなか勝ちきれません。
それがないということを、言ってくれました。
わかっているようで、こうして試合をやってみないと実感できません。

いろいろ考えてみましたが、フォアやサーブは強い人がいっぱいおり、力がある方ではないので、今更という気になります。
そこで思いついたのは、バックを強くするということです。
私のようなC級レベルでは、フォアやサーブは強くても、バックは苦手な人が多いです。

それなら、頑張れば、強みになれそうです。
そう思うと、モチベーションが上がってきました。
これだけでも、向こう10年くらいは頑張れそうな気になってきました。

こう考えていると、市の大会に出れなかったのが、よかったと思えるようになってきました。
中途半端な成績で、何となく練習を続けているより、しっかりした目標を持って練習ができます。
ひょっとしたら、これが市の大会に出れなかった答えかもしれません。

それくらい、自分の中では、大きなものでした。
あとスキーも、この前のツアーの練習で、カービングを利用したターンの仕方がわかり、これも、向こう10年は頑張れそうな気になってきています。
同じく、スキーもモチベーションが上がっています。

これで、ちょっと幸せな気分になっています。
やはり、気持ちが乗っていると違います。
本当にこういう気持ちになれて、ありがたいと思っています。


by human-space | 2017-01-30 20:58 | diary | Comments(0)