ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

運命を受け入れる

運命は、あると思っています。
それは、今までの体験からです。
家を建てる時、結婚をする時、何かしら情報がありました。

家の時は、建てる何年か前、今の土地に来た時、予感がありました。
結婚の時は、この人で決まりと、すぐわかりました。
そんなことがあって、運命はあるのではないかと思っています。

それも、本によると、自分で、生まれる前に決めてくるということみたいです。
親も自分で決めて、生まれてくるということも、言われています。
生まれる前の記憶を持ったままでいる、小さな子供の証言があり、本当みたいです。

そうなると、転生輪廻も、当然あることになります。
運命があるとすれば、運命に沿って生きていれば、大変なことはあるかもしれませんが、それを苦労とは思わないでしょう。
逆に、運命に逆らって生きていれば、苦労することになります。

変化しないでいい時に、変化しようとしたり、変かすべき時に、変化しないでいると、そうなることになります。
それがいつかは、人間では、予測できません。
人間は、すべてのことが見渡せないので、先のことはわかりません。

その必要な情報は、必要な時にやってきます。
その情報が来た時が、その運命の時です。
そのときなれば、誰でもわかります。

それが運命です。
そうでなければ、それは、運命ではりません。
自然とそうなるよう、気持ちもその気になります。

ですから、どうなるだろうと、心配することはありません。
それは、最初から、何もないこともあるでしょう。
なければ、自分で決めれるということです。

あれば、それに従うしかありません。
それが、運命というものです。
運命があるかないかは、気にしないでいいです。

日々やるべきことは、この瞬間を生きていくだけです。
人生、やるべきことは、これだけです。
そうしていれば、必要な情報は、必要な時にやってきます。

心の声を、聞くようにします。
ワクワクすることを、やっていきます。
「神は細部に宿る」です。

目に前の、小さなことを、一生懸命やっていきます。
基本的には、シンプルです。
人生、あまり考えすぎない方がいいのかもしれません。




by human-space | 2017-03-11 19:12 | diary | Comments(0)