ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

ないことではなく、あることを見る

昨日言っていいた、ないことでなく、あることを見るということが大事です。
これが見れるかどうかで、幸せかどうかが決めると言っていいと思います。
あることを見れる人は、幸せになれるでしょう。

ないところばかりに意識が行く人は、なかなか幸せになれないと思います。
理屈を考えてみれば明らかです。
ようは、実際にそう思えるかどうかです。

こんなことを言っている私も、このことをすぐ忘れてしまって、不平不満を言ってしまうことがあります。
あることが見れている人は、不平不満は少ないでしょう。
逆に言うと、不平不満が起きてる時は、あることが見れていない時です。

自分も気をつけなければと思います。
あることがちゃんと見れている時は、心も平穏でいれています。
ともかく、そういう癖をつけることです。

これは、簡単なようで、なかなかできません。
地道に繰り返してやるしかないです。
普通の人間では、ずっとはできません。

忘れては思い出し、忘れては思い出し、それを繰り返しているうち、だんだんと身についてくるでしょう。
焦らず、根気良くよくやっていくだけです。
やっているうち、自然と思い出すことになればいいです。

by human-space | 2017-04-06 20:32 | diary | Comments(0)