ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人生にゴールはない

今日、ネットを見ていたら、かの大泉洋の出ていた有名な番組「水曜どうでしょう」のディレクターである嬉野さんの記事が出ていました。
彼は、二十歳前後の時、鬱になって、いろいろと悩んだそうです。
そんな経験から、こんなことを言っていました。

人生にゴールはなく、いつまでたっても常に足元は不安定であるので、焦ってもしょうがない、あまり思い詰めず、自分をかわいそうに思い過ぎず、今を楽しむようにすればいいということです。
そして、たとえ回り道をしたとしても、その道にも花はあり、そこでどんな花が咲いていたかは、その人しか知らない、だから、人の数だけ道があってよく、人には負けてもいいから、自分には負けないようにすればいい、というようなことも言っていました。
これには同感です。

人間は生きている間にまず、神になれることはありません。
実質、ゴールはなく、神になれないのでから、心は常に不安定です。
ですから、焦っても仕方がありません。

あまり考えすぎず、今ある環境で、楽しめばいいと思います。
そこにも、必ず花はあります。
今ある自分は、唯一無二です。

人の競争には負けても、自分さえ失わないようにすれば、それだけで、十分です。
今ある自分に、誇りを持って生きていけばいいのです。
これは、すべての人に言えます。

記事を読むと、嬉野ディレクターはいろいろと苦労されたようです。
それで、こんな達観した考えに至ったのでしょう。
私も、焦らず、今を楽しんでいこうと思います。

by human-space | 2017-07-11 22:51 | diary | Comments(0)