ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

脳は、人間と神の世界をつなぐ翻訳器

今日もまた、二度寝をしていて、うつらうつら考え事をしていました。
今日思ったのは、脳は、人間と神の世界をつなぐ翻訳器ではないかということです。
人間の思いが、脳を通じて翻訳され、神の無限のパワーの世界に伝えられます。

そこから、神の膨大なエネルギーが、また脳を通じて、人間の世界に表現されます。
思いを、現実化するということです。
また、脳を通じて、思いとして、現れることもあります。

人間の力ではなく、神の膨大なエネルギーが、現実化するので、努力などは一切いりません。
それは、あまりにスムーズに物事が進んいくという、自分の力を使っていないので、そのときになればわかります。
神の力を実感できます。

それに比べると、人間が何かをしようとして、頑張るというのは、どれだけ微力なのか、思い知らされます。
ですから、現実化は神に任せておいて、人間は、イメージしたり、ただ、毎日を淡々と過ごしていればいいのではないかと思います。
何かしたいという思いは強くてもいいですが、現実化そのものは、欲張らないほうがいいです。

起きてくる、外側の現実を受け入れていくだけです。
それが、自分にとって、ベストなことなのでしょう。
なかなか受け入れのが難しいですが、意識して、そうしていきます。

ともかく、そのつなぎ役をしている脳を意識してきます。
脳を、コントロールしていきます。
つなぎ役としては、優秀な機械ですが、主役は自分です。

脳と仲良くなるようにします。
それが、現実を楽にスムーズに生きるコツです。
脳のおかげで、この世界で、楽しく生きられるようになります。


by human-space | 2017-07-15 20:52 | diary | Comments(0)