ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

徳永英明>スピリチャル

テレビの番組で徳永英明さんの生い立ちをやっていました。
中学生の頃、歌を歌うことになるという天の声を聞いたといっていました。
そのことを、今、当時中学生のころから見れば、自分の未来から聞いたのだといっていました。
いかにもスピリチャルって感じですね。

そんなことよりも、彼の生き方そのものがスピリチャルだと思います。
この人も前に書いたスキー選手の皆川賢太郎さんと同じで、一時病気で挫折して、それからただ歌えることのありがたみがわかったそうです。
そのせいか見ていても、けれんみがないように感じられます。

いい意味で開き直っているようで、世間が何を言おうが自分のやりたいことを堂々とやっているようです。
それがよかったのか、「ボーカリスト」という女性歌手のカバーアルバムが大ヒットしました。
変に恥ずかしがっていないのがいいですね。

何か恐れるものがないという感じです。
そうなるために、病気になる必要があったのだと思われます。
どんなことも自分の成長にために起こっているということになります。

私はそんなたいへんな思いはしたくないので、今ここでいられることをありがたいと思うようにします。
今感謝できていれば、今ここで入れることを感謝できるようになるために、たいへんな思いをする必要はないですから。
もう今からはそんな苦労をしない代わりに、このことに常に意識的でいるようにします。

実際はなかなかうまくいかないことが多いですが、気がつけばやるようにしています。
昨日も追いつめられていると、いつの間にか忘れてしまっています。
このことはいつまでも気にしていなければいけませんね。
by human-space | 2007-12-14 23:34 | diary | Comments(0)