ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人生は幸せ探しの旅

最近いろいろと考えてきたひとつの結論です。
人生において、幸せを探せる能力のある人が、幸せになれる人です。
幸せは外側の状況で決まるものではありません。

外側の状況は絶対的な条件ではありません。
お金もあったほうがいいでしょうし、容姿や才能が合ったほうがいいのは確かです。
ただそれがあったからといって、幸せになれるとは限りません。

幸せになる絶対条件とは、幸せを探せる能力があるかどうかです。
どんなことでも幸せと思えるのなら、外側の状況がどうであろうと幸せに感じます。
理屈上はこれで合っていると思います。

ただなかなかそうは思えないので、外側の状況が条件のように思えるのです。
正観さんもいっているように、ほんとうは見えるだけで、聞こえるだけで、歩けるだけで、食べれるだけで幸せと思えるのです。
人間の欲をなくせば、自然にそう思えるのでしょう。

現実はなかなか根源的なところまでいけません。
それでも意識的に変えていくことはできます。
私も意識してそう思うようにしています。

普通はどうしても、不平不満や愚痴のほうに意識がいってしまいがちです。
そちらばかりが気になります。
それで今ある幸せなことに意識がいかなくなってしまいます。

そこを意識的に、意識を向けていきます。
今日はこんなイライラすることがあったけれども、こんないいこともあったと考えていきます。
それで、そのいいことのほうに意識を向けていきます。

そうしていると、だんだんそのイライラすることがそれほど気にならなくなります。
もちろんまだまだですが、そのおかげで精神的に安定してきました。
毎日が平穏に感じられるようになってきました。

相変わらずちょっとしたごたごたはあるのですが、それほど気にならなくなってきました。
これは確かな効果があります。
意識的に変えていくことで、現実に変わってきます。

ですから理屈はこれで合っていると思います。
ようは毎日の生活でどれだけできるかです。
毎日の生活こそがスピリチャルです。

スピリチャルは本の中や頭の中にあるのではありません。
この現実こそがスピリチャルです。
この物質世界も神の国ということになります。
by human-space | 2008-02-10 13:37 | diary | Comments(0)