ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2008年 02月 07日 ( 1 )

ここ最近小林正観さんの本を読んでから、考えを巡らせているのですが、そんなときふと思ったのは、この世界を体験するためにここに来たんだということです。
この物質世界のいろいろなことを体験するために、生まれてきたのではないかと思いました。
この世界はたいへんなことも多いですが、それでもここに来ることを選択したということです。

本当に生きるのはたいへんです。
それでもこの物質世界の体験が魅力的だったのでしょう。
死んで、平和で何も心配することのない霊的な世界でいると、ゴタゴタしているけれども、ワイワイと騒いでみたくなるのでしょう。

そうして生まれてきて、今ここにいるのです。
何があろうと、誰に文句を言う筋合いはありません。
自分で決めています。

転生輪廻はあると思います。
そのほうが理屈に合っています。
そうでなければ、この世界は矛盾だらけになります。

どう見ても不公平です。
今がたまたま転生輪廻のひとつだと思えば、納得できます。
それならばしょうがないと思えます。

そしてこうして生まれ変われることが、とてもありがたいことのようです。
もしこうしたことができなければ、無です。
何もありません。

何もないのですから、つらくはないでしょうが、おもしろく感じることもありません。
何も体験することがないのですから、何の喜びもありません。
こうしていられることは、とてもありがたいことのようです。

今ここにいれるだけで、感謝すべきです。
こうして見たり聞いたり、食べたり歩いたりできるだけで、ありがたいと思わなければいけません。
それができるだけでもありがたいのです。

それから先は本人次第です。
何かになろうと、努力するのもいいのかもしれません。
そうではなく、何もしないで自然に任せておくというのがほんとはいいようです。

なかなかそうはいきませんが、せっかく物質世界に生まれてきたので、いろいろ体験して帰ります。
あとで悔いを残さないように、今を一生懸命生きていきます。
まずは常に今ここにいれることに感謝することを忘れないようにします。
by human-space | 2008-02-07 23:44 | diary | Comments(0)