ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2017年 09月 19日 ( 1 )

人間は、当たり前ですが、不完全です。
完全になれば、神様になってしまいます。
ということは、うまくできなくて当たり前なのです。

失敗したからといって、後悔する必要はありません。
それが、当たり前なのですから。
ということは、ちょっと難しい思考ですが、不完全なのが、完全なのです。

不完全でいるので、いいということです。
今の不完全な状態が、当たり前だということです。
間違ったことをして、いけないことのように思えますが、もともと不完全なのですから、間違うことが当然なのです。

これは、物理法則どおり、行われているということです。
それは、神の完全性の中で行われています。
ですから、何をやっても、完全だということができます。

私たちは、常に、完全性の中で過ごしています。
神の庭で生活しているということです。
間違ったことをするのがいけないのでなく、間違ったことをしたと、マイナスに考えるのがよくないのです。

何をしてでも、平然としていればいいのです。
そんなことを言いながら、現実に、何でもしていいというわけではなということは、わかっていると思います。
調和のとれた行動が、原則です。

ただ、そうしようと思っていても、結果、そのような行動にならなかったということはあります。
そんな時は、気にしないようにするということです。
人のこともそうですが、自分のこともそうです。

今、こうしているということは、それが完全だからです。
完全でなければ、存在できません。
神の国には、完全でないと存在できません。

ただ、人間は、そう思えないだけです。
神の視点から見れば、すべての存在が完全なのです。
人間ですから、そうは思えませんが、できるだけ、そう考えるようにします。

by human-space | 2017-09-19 23:15 | diary | Comments(0)